子育て

【ラルフローレンとバーバリーを比較】どんな違いがある?子供服はどんな人におすすめ?

投稿日:2020-02-23 更新日:




こんな方におすすめ

  • RALPH LAUREN(ラルフローレン)がどんなブランドなのか詳しく知りたい!
  • Burberry(バーバリー)がどんなブランドなのか詳しく知りたい!
  • RALPH LAUREN(ラルフローレン)とBurberry(バーバリー)を比較した情報が知りたい!

 

お出かけ用の子供服をお探しのパパママやおしゃれ好きなパパママ、お子さんに上質な洋服を着させてあげたいパパママの中には海外ブランドの子供服に目を向ける方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか?

特にRALPH LAUREN(ラルフローレン)やBurberry(バーバリー)はハイブランドの子供服の中でも人気な海外ブランドなので、一度はネットや店頭でお探しになられたというパパママもいらっしゃるはずです。

歴史ある海外ブランドであるRALPH LAUREN(ラルフローレン)とBurberry(バーバリー)の子供服はそれぞれどのような人におすすめなのでしょうか?

 

そこでこの記事では上質で品のある両ブランドのどちらかで子供服をお探しのパパママのために、RALPH LAUREN(ラルフローレン)とBurberry(バーバリー)を比較してご紹介していきたいと思います。

子供服をRALPH LAUREN(ラルフローレン)にしようかBurberry(バーバリー)にしようかで迷われているパパママはぜひ参考にしてみてくださいね。

 

RALPH LAUREN(ラルフローレン)とBurberry(バーバリー)の設立者を比較

RALPH LAUREN(ラルフローレン)とBurberry(バーバリー)。

この2つのブランドを比較していく際に最も注目しておきたいのが「ブランドの歴史」です。

RALPH LAUREN(ラルフローレン)は今から53年前の1967年創業、Burberry(バーバリー)は今から164年前の1856年創業と、両ブランド共に深い歴史があります。

世界中で何十年にもわたって愛されている両ブランドは一見似ているように見えますが、実際は異なっています。

ここではRALPH LAUREN(ラルフローレン)とBurberry(バーバリー)の原点となった2人の設立者について比較してみましょう。

 

まずはRALPH LAUREN(ラルフローレン)の設立者から見ていきましょう。

 

RALPH LAUREN(ラルフローレン)の設立者

https://ja.wikipedia.org/

RALPH LAUREN(ラルフローレン)の設立者はSir Ralph Lauren(サー・ラルフ・ローレン)。

本名はRalph Rueben Lifshitz(ラルフ・ルーベン・リフシッツ)と言います。

彼は1939年にニューヨークのブロンクスで誕生しました。

移民の一家に生まれたSir Ralph Lauren(サー・ラルフ・ローレン)は、子供時代は貧しい生活を強いられていたと言われています。

 

彼は後に世界的に有名なブランドを作り上げた人物でもあるため、ファッション学校に通っていたのでは?と思われがちですが、彼はファッション学校には通わず、セールスマンとしてブルックス・ブラザーズという企業で働いていました。

Brooks_Brothers

 

その後1967年にネクタイ店を開業。

自身のブランド「Polo(ポロ)」 を含むネクタイの販売業を始めることとなります。

Sir Ralph Lauren(サー・ラルフ・ローレン)は営業力があり、大手百貨店として名高い「ブルーミングデールズ」にも売込みを行い、販売を開始させることに成功します。

彼の提案するネクタイはその当時存在していたネクタイデザインとは一線を画すような革新的なデザインであり、瞬く間に話題となりました。

 

そして新たなトレンドとして「ポロブランド」の認知度を上げていきました。

また彼のデザインセンスはネクタイだけにとどまらず、メンズウェア全般へと広がっていくこととなります。

こうして現在のRALPH LAUREN(ラルフローレン)が誕生したというわけです。

 

ちなみにSir Ralph Lauren(サー・ラルフ・ローレン)自身は「私はデザイン画を描くことが苦手だ」と話しており、「自分はデザイナーではなく自分の持つコンセプトをデザイナーへ提案する人だ」「自分はコンセプターだ」ということを称していたそうです。

当時のネクタイデザインとは一線を画すデザインを考案していたにも関わらずこうした発言をしているのは意外ですよね。

感性が豊かで誰も思いつかないようなデザインを形にすることができるだけでなく、ビジネススキルにも長けているRALPH LAUREN(ラルフローレン)の設立者「Sir Ralph Lauren(サー・ラルフ・ローレン)」は、まさに天性の才能がある人物だったようですね。

 

 

RALPH LAUREN(ラルフローレン)のアイテム検索はこちらからどうぞ

Amazon

楽天市場

ZOZO TOWN

 

 

では続いて、Burberry(バーバリー)の設立者はどのような人物なのか見ていきましょう。

 

Burberry(バーバリー)の設立者

https://www.vogue.co.jp/

Burberry(バーバリー)の設立者はThomas Burberry(トーマス・バーバリー)です。

彼はイングランド南東部にあるブロッカム・グリーンという地域に生まれました。

大人になったThomas Burberry(トーマス・バーバリー)は生地屋で仕事をするようになり、この生地屋では見習い職人でした。

しかし1856年イギリスハンプシャー州ベイジング・ストークという地域で、なんと21歳という若さで自分の店を開業します。

 

彼に素質があったのも事実かもしれませんが、この時代に21歳という若さでお店を開業するという思い切りの良さは素敵ですよね。

この行動力からもわかるように、彼は自分自身のことを「洋服の革新家」と呼んでいたそうです。

 

その後開店からわずか数年でアウターウェアの品揃えの良さに定評がつき、1870年にはスポーツ好きの人々の間でバーバリー製品が流行するようになります。

(州外からお店に買いに来る人が大勢いるほど人気)

丈夫なうえに雨風や草花のトゲから身を守ってくれるということで、「コート」「ジャケット」「ケープ」「キルト」などは特に人気で、たちまち大商店へと成長していきます。

 

その後、Thomas Burberry(トーマス・バーバリー)はさらに良いものを作ろうと考え、販売だけではなく生地から開発することにします。

そして丈夫なエジプト綿を極めて細く織り上げて作られた生地「ギャバジン」が完成。

Burberry

彼はこのギャバジンを用いて、陸軍将校・探検家・登山家などの人々のために衣服を作り始めます。

ギャバジンで作った衣服の評判が良かったことから、一般市民にも寒さや風雨から身を守るための機能性ウェアを作ることにし、たちまちイギリス中で人気となります。

そして1891年にロンドンに新店舗を開店し、その後世界中から愛されるブランドへと成長していきました。

 

ちなみにトレンチコートはBurberry(バーバリー)が発祥で、第1次世界大戦(1914年〜1918年)の際にBurberry(バーバリー)の全天候型のギャバジンコートが、連合国の将校たちの間で着用されたことがきっかけです。

Burberry

この全天候型のギャバジンコートは戦後市民が着用するようになり、現在まで人気のファッションアイテムとして愛され続けています。

Burberry(バーバリー)の象徴でもある「バーバリーチェック」は1920年に登場します。

 

このようにBurberry(バーバリー)の設立者である「Thomas Burberry(トーマス・バーバリー)」は野心家で、現状に満足せずに常に快適で先進的なウェアを開発することを生きがいとしていることがわかりますね。

 

 

Burberry(バーバリー)のアイテム検索はこちらからどうぞ

Amazon

楽天市場

Burberry(バーバリー)オンラインページ

 

 

RALPH LAUREN(ラルフローレン)とBurberry(バーバリー)のブランド・歴史を比較

先ほどはRALPH LAUREN(ラルフローレン)の設立者である「Sir Ralph Lauren(サー・ラルフ・ローレン)」とBurberry(バーバリー)の設立者である「Thomas Burberry(トーマス・バーバリー)」がどんな人物だったのかを比較しながらご紹介していきました。

ここでは、RALPH LAUREN(ラルフローレン)とBurberry(バーバリー)のブランド自体を比較し、それぞれ両ブランドにどのような違いがあるのかを見ていきましょう。

 

まずは先ほどと同じくRALPH LAUREN(ラルフローレン)からどうぞ。

 

RALPH LAUREN(ラルフローレン)の歴史

RALPH LAUREN

RALPH LAUREN(ラルフローレン)の発祥国は「アメリカ」で、アメリカを中心にして世界中に名の知れるようになりました。

革新的なデザインと機能性に定評があったのでたちまちアメリカで人気となり、ビバリーヒルズの高級ブティック街である「ロデオドライブ」のようなファッション感度の高い地区にショップを続々オープンしたことが知名度が高くなった大きなきっかけです。

このタイミングでブランド名は「ポロ」となり、イギリスとアメリカのスタイルをミックスさせたスタイルになっていきます。

そして品の良い上階級のクラスをイメージしたブランドとなりました。

 

瞬く間にRALPH LAUREN(ラルフローレン)のメンズウェアは大成功し、1970年にはメンズウェアのデザインで「コーティー賞」という名誉ある賞を受賞するまでに成長します。

このコーティー賞の受賞をキッカケにして、メンズのクラシックスタイルを取り入れた、レディースのスーツをデザインすることに。

1972年には現代でも多くの人に愛される、幅広いカラーバリエーションの「半袖コットンシャツ」をリリースして話題を呼びました。

この半袖コットンシャツこそが現在でも人気の「ポロシャツ」の原型です。

 

翌年の1973年にはラグジュアリースタイルのラインである「Ralph Lauren Purple Label(ラルフ・ローレン パープル・レーベル)」や、家具や日用品を展開するライン「Ralph Lauren Home(ラルフ・ローレン ホーム)」を立ち上げたり、オリンピックのユニフォームをデザインするなども行うようになります。

RALPH LAUREN

このような実績からRALPH LAUREN(ラルフローレン)はアメリカ全土で有名なブランドとなり、ステータスブランドとしての地位を獲得しました。

 

アメリカで有名になったRALPH LAUREN(ラルフローレン)は1980年代にはフランスのパリに路面店をオープン。

これはアメリカ人デザイナーのブランドとしては初のことだったそうで、このパリ出店が海外進出の大きなきっかけとなりました。

そして1990年代には新しい派生ラインや他ブランドとのライセンス締結を発表していきます。

またその後、レディースとキッズとメンズのシューズの生産・販売をスタート。

(この時期からRALPH LAUREN(ラルフローレン)は公開企業となり、ニューヨーク証券取引所に上場しています)

 

以降RALPH LAUREN(ラルフローレン)の成長は2000年代になっても続き、低価格で大学生向けの新ライン「Rugby(ラグビー)」を開始した時にはエンブレムとしてポロの代わりに、メンズはラグビーのキッカー、レディースは小さなラグビーシャツを採用したことでも話題になりました。

ちなみにRugby(ラグビー)は日本にも進出しており、初の海外進出店は東原宿のキャットストリートにオープンしています。

(2013年6月30日をもって閉店)

他にもアメリカ選手団の公式ウェアの担当、CFDAアワードでのポピュラーアワードの受賞など、ブランドの歴史に刻まれる出来事が次々とありました。

 

このようにRALPH LAUREN(ラルフローレン)はアメリカン・トラディショナル(アメトラ)の代表的なブランドとして歴史を作ってきました。

 

 

RALPH LAUREN(ラルフローレン)のアイテム検索はこちらからどうぞ

Amazon

楽天市場

ZOZO TOWN

 

 

それでは、Burberry(バーバリー)はどうでしょうか?

 

Burberry(バーバリー)の歴史

Burberry

Burberry(バーバリー)の発祥国は「イギリス」です。

イギリスは英国紳士の国なだけあり、Burberry(バーバリー)も落ち着いた雰囲気のデザインは印象的ですよね。

Burberry(バーバリー)の代名詞「バーバリーチェック」も英国を象徴づけるデザインとなりました。

Burberry

ちなみにこのバーバリーチェック、1920年当時はトレンチコートの裏地として使用されていただけなので、人々の注目を浴びることはなかったのですが、1964年に開催された東京オリンピックでイギリス代表の女子チームが腕にかけていたトレンチコートの裏地が見えて(バーバリーチェックが見えて)、世間から注目を浴びるようになったそうです。

Burberry(バーバリー)が世界的に有名になったきっかけがこのような「ほんの些細なこと」だったなんて意外ですよね。

現在ではキャメル・黒・白・赤で構成されたチェックを見るだけで「Burberry(バーバリー)」と認識されるまでになったわけですから驚きです。

 

このように、Burberry(バーバリー)は紳士的で品の良い印象的なデザインもさることながら、過酷な環境で快適に過ごせるウェアを求めていた陸軍将校・探検家・登山家・兵士などからもお墨付きなほどに機能性に優れているウェアを作り続けていることで人気です。

 

ここまでにRALPH LAUREN(ラルフローレン)とBurberry(バーバリー)の設立者とブランドの歴史について比較していきました。

こうして見てみると両ブランドの大きな違いがわかりますね。

 

 

Burberry(バーバリー)のアイテム検索はこちらからどうぞ

Amazon

楽天市場

Burberry(バーバリー)オンラインページ

 

 

さてここからが本題ですが、RALPH LAUREN(ラルフローレン)とBurberry(バーバリー)では子供服も販売されています。

サイズ感やラインナップなど細かい部分が気になるパパママも多いかと思いますので、それぞれにどういった違いがあるのかを比較しながら見ていきましょう。

 

RALPH LAUREN(ラルフローレン)とBurberry(バーバリー)の子供服のサイズを比較

まずはRALPH LAUREN(ラルフローレン)とBurberry(バーバリー)の子供服のサイズを比較してみましょう。

基本的にはRALPH LAUREN(ラルフローレン)もBurberry(バーバリー)も生後0ヵ月〜14歳までのサイズ展開となっています。

 

RALPH LAUREN(ラルフローレン)の子供服のサイズ

RALPH LAUREN

RALPH LAUREN(ラルフローレン)の子供服のサイズ
表示サイズ 年齢/月齢 日本サイズ 体重 身長
3M 0-3ヵ月 50 3-6kg 50-60cm
6M 3-6ヵ月 60 6-8kg 60-68cm
9M 6-9ヵ月 70 8-10kg 68-73cm
12M 9-12ヵ月 80 9-11kg 73-78cm
18M 12-18ヵ月 85 11-12.5kg 78-83cm
24M 18-24ヵ月 90 12.5-13.5kg 83-90cm
2T 2歳 95 13-14kg 88-93cm
3T 3歳 100 14-16kg 94-100cm
4T 4歳 110 16-18kg 101-108cm
5 5歳 115 18-20kg 109-116cm
6 6歳 120 20-22kg 117-123cm
6X 6-7歳 125 22-24kg 124-128cm
7 7歳 130 22-25kg 124-130cm
男の子 S(8) 8-10歳 140 25-33kg 131-140cm
男の子 M(10/12) 10-12歳 150 33-43kg 141-153cm
男の子 L(14/16) 12-14歳 160 44-54kg 154-165cm
男の子 XL(18/20) 14歳〜 170 55-65kg 166-175cm
女の子 S(7) 7歳 130 24-27kg 126-131cm
女の子 M(8/10) 8-10歳 140 27-33kg 132-141cm
女の子 L(12/14) 10-12歳 150 33-44kg 142-153cm
女の子 XL(16) 12歳〜 160 44-50kg 154-160cm

 

 

RALPH LAUREN(ラルフローレン)のアイテム検索はこちらからどうぞ

Amazon

楽天市場

ZOZO TOWN

 

 

Burberry(バーバリー)の子供服のサイズ

Burberry

Burberry(バーバリー)の子供服のサイズは大きく分けて「Burberry(バーバリー)ベビーガール/ボーイ」「Burberry(バーバリー)ガールズ/ボーイズ」の2種類となっています。

 

Burberry(バーバリー)ベビーガール/ボーイ

Burberry(バーバリー)ベビーガール(0〜24ヵ月)のサイズ
サイズ 体重 身長
3M 5kg 62cm
6M 6.5kg 68cm
9M 8kg 74cm
12M 9.5kg 80cm
18M 11kg 86cm
24M 13kg 92cm

 

Burberry(バーバリー)ベビーボーイ(0〜24ヵ月)のサイズ
サイズ 体重 身長
3M 5kg 62cm
6M 6.5kg 68cm
9M 8kg 74cm
12M 9.5kg 80cm
18M 11kg 86cm
24M 13kg 92cm

 

 

Burberry(バーバリー)のアイテム検索はこちらからどうぞ

Amazon

楽天市場

Burberry(バーバリー)オンラインページ

 

 

Burberry(バーバリー)ガールズ/ボーイズ

Burberry(バーバリー)ガールズ(3ヵ月〜3歳)のサイズ
サイズ 体重 身長 チェスト ウエスト
3M 5kg 62cm 43cm 43cm
6M 6.5kg 68cm 45.5cm 45cm
9M 8kg 74cm 47cm 46.5cm
12M 9.5kg 80cm 49.5cm 48.75cm
18M 11kg 86cm 51cm 49.75cm
2Y 13kg 92cm 52cm 50.5cm
3Y 14kg 98cm 54.5cm 52.5cm

 

Burberry(バーバリー)ボーイズ(3ヵ月〜3歳)のサイズ
サイズ 体重 身長 チェスト ウエスト
3M 5kg 62cm 43cm 43cm
6M 6.5kg 68cm 45.5cm 45cm
9M 8kg 74cm 47cm 46.5cm
12M 9.5kg 80cm 49.5cm 48.75cm
18M 11kg 86cm 51cm 49.75cm
2Y 13kg 92cm 52cm 50.5cm
3Y 14kg 98cm 54.5cm 52.5cm

 

 

Burberry(バーバリー)のアイテム検索はこちらからどうぞ

Amazon

楽天市場

Burberry(バーバリー)オンラインページ

 

 

Burberry(バーバリー)ガールズ(4歳〜14歳)のサイズ
サイズ 身長 チェスト ウエスト
4Y 104cm 56cm 54.5cm
5Y 110cm 58cm 55cm
6Y 116cm 60.5cm 56cm
7Y 122cm 63cm 57cm
8Y 128cm 65cm 58cm
10Y 140cm 71.5cm 61.5cm
12Y 152cm 78cm 65.5cm
14Y 164cm 82.5cm 67cm

 

Burberry(バーバリー)ボーイズ(4歳〜14歳)のサイズ
サイズ 身長 チェスト ウエスト
4Y 104cm 56cm 54.5cm
5Y 110cm 58cm 55cm
6Y 116cm 60.5cm 56cm
7Y 122cm 63cm 57cm
8Y 128cm 64cm 59cm
10Y 140cm 71cm 63.5cm
12Y 152cm 78cm 68cm
14Y 164cm 86cm 73cm

 

 

Burberry(バーバリー)のアイテム検索はこちらからどうぞ

Amazon

楽天市場

Burberry(バーバリー)オンラインページ

 

 

RALPH LAUREN(ラルフローレン)とBurberry(バーバリー)の子供服のラインナップを比較

RALPH LAUREN(ラルフローレン)とBurberry(バーバリー)の子供服のラインナップですが、両ブランド共に取り扱いのあるアイテムが時期によって異なり、移り変わりが激しいため、詳細は各ブランドの公式サイトかAmazon・楽天市場で最新情報を確認してみてください。

 

RALPH LAUREN(ラルフローレン)のアイテム検索はこちらからどうぞ

Amazon

楽天市場

ZOZO TOWN

 

 

Burberry(バーバリー)のアイテム検索はこちらからどうぞ

Amazon

楽天市場

Burberry(バーバリー)オンラインページ

 

その他のベビーブランド比較記事はこちら

ミキハウスとファミリアの比較

【ミキハウスとファミリアを比較】それぞれのブランドの特徴とおすすめポイントを解説

子育て

【出産祝いはミキハウス・ファミリアどっち?】両ブランドを比較・喜ばれるギフトも紹介

この記事はこんな方におすすめ 出産祝いのギフトをミキハウスとファミリアの2択で悩んでいる方 ミキハウ ...

 

ユニクロと無印良品の比較はこちら

【ユニクロと無印良品の子供服を比較】サイズ・ラインナップ・デザイン・素材などの違い

子育て

【ユニクロと無印良品の子供服を比較】サイズ・ラインナップ・デザイン・素材などの違い

こんな方におすすめ ユニクロの子供服と無印良品の子供服を比較したい! ユニクロの子供服の特徴が知りた ...

 

しまむら(Birthday)と西松屋の比較

【しまむら(Birthday)と西松屋を比較】どんな子供服ブランド?どんな人におすすめ?

子育て

【しまむら(Birthday)と西松屋を比較】どんな子供服ブランド?どんな人におすすめ?

こんな方におすすめ しまむら(Birthday/バースデイ)がどんなブランドなのか詳しく知りたい! ...




-子育て
-, ,

Copyright© PaPa-MaMa-baby , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.