【マタニティフォトはいつ撮影するべき?】スタジオ撮影や出張撮影サービスも紹介

更新日:



こんな方におすすめ

  • マタニティフォトを撮影するタイミングが知りたい!
  • 季節別におすすめなマタニティフォトを撮影する時期や時間帯が知りたい!
  • マタニティフォトを撮影する上での注意点について知りたい!
  • マタニティフォトにおすすめの出張サービスが知りたい!

 

「マタニティフォトを撮影したいな」とお考えのパパママ。

マタニティフォトの最も最適なタイミングを知っていますか?

妊娠してから間もないとお腹が目立っていないですし、臨月ギリギリにするのはちょっと不安。

そう思われているママやパパは多いです。

ではマタニティフォトはどのタイミングで撮影するのが良いのでしょうか?

 

この記事では、マタニティフォトはいつ撮影するのがベストなタイミングなのかをご紹介。

これからマタニティフォトを撮影しようと思っているパパママは参考にしてみてくださいね。

 

自宅で、そして自分たちだけでマタニティフォトを撮影したいとお考えのパパママは「【セルフでマタニティフォト】おしゃれに撮影するコツやポイント・アイテムを紹介」を参考にどうぞ。

おしゃれなセルフマタニティフォトを撮るために必要な演出やメイクについても解説しています。

妊娠

【セルフでマタニティフォト】おしゃれに撮影するコツやポイント・アイテムを紹介

こんな方におすすめ セルフマタニティフォトのおすすめの撮影場所について知りたい! セルフマタニティフ ...

 

この記事の目次

マタニティフォトを撮影しておくメリット

妊娠中のママの姿を写す「マタニティフォト」

海外では日本よりも先にマタニティフォトを撮影することが一般的になっています。

近年マタニティフォトが日本でも注目されてきた理由には「マタニティフォトを撮影しておくメリット」があるからです。

妊娠期はつわりや腰痛などの体調不良、精神的な不安定さから「マタニティフォトを撮る気分にはなれない...」と思われるママも多いかもしれませんが、今この瞬間しかないマタニティフォトを撮影しておくことは「一生の思い出」になるので、体調を気にしながら撮影をすることをおすすめします。

 

出産前だけの我が子のシルエットを思い出に残せる

 

この投稿をInstagramで見る

 

京都 ロケーションフォト Kayo(@kayolumiere_photo)がシェアした投稿 -

マタニティフォトを撮影する大きな理由の一つに「出産前だけしか撮れないお腹の膨らみを残しておくため」というものがあります。

妊娠中でしか撮影することができない特別な写真ですからね。

ママのお腹にもう一つの命があるという、まさに神秘的な状態を写真に撮影しておくことは将来のためにも良いですね。

大きくなってからお子さんに見せるのも良いかもしれません。

 

赤ちゃんが生まれるまでの「パパママの愛情」が写真に残せる

 

この投稿をInstagramで見る

 

ask(@g21e28n)がシェアした投稿 -

物理的な思い出としてマタニティフォトを撮影することももちろんそうですが、パパママの気持ちを残すという意味合いでもマタニティフォトはおすすめ。

赤ちゃんを出産するまでに産婦人科でエコー写真を撮影したり、生まれてくる赤ちゃんのためにボディケアをしたり、出産の準備をしたり。

パパママが常日頃から「赤ちゃんが生まれてくるその日」のために愛情を込めて準備しているその姿をマタニティフォトとして残すことができます。

 

マタニティフォトは初の家族写真になる

 

この投稿をInstagramで見る

 

悠(@haruka__555)がシェアした投稿 -

マタニティフォトは最初の家族写真になります。

赤ちゃんは生まれてこそいませんが、パパ・ママ・(兄弟)・赤ちゃんが一緒に写る家族写真に変わりはありませんよね。

お腹の中にいた証を残しておける記念写真におすすめです。

 

マタニティフォトは「妊娠9ヵ月に入る頃」が最適な撮影時期

fotowa(フォトワ)

マタニティフォトの最適な撮影時期は「妊娠9ヵ月に入る頃」。

お腹の膨らみ方には個人差がありますが、妊娠9ヶ月に入る頃は大半の方が「妊婦さんに見える」「お腹の膨らみが目立つ」時期だからです。

ただ、妊娠9ヵ月後半以降になると身動きが取りづらくなり、主治医から安静にするように指示される場合も。

できるだけ妊娠9ヵ月に入った頃がベストですね。

 

マタニティフォトの撮影時期は「早すぎ」も「遅すぎ」も良くない理由がある

安定期に入った頃である妊娠中期はまだまだお腹の膨らみが目立ちにくい方も多いです

マタニティフォトの衣装がセパレートタイプのものであればまだ良いかもしれませんが、ワンピースやドレスのように上下が繋がっているタイプの衣装だとお腹が目立ちにくい場合も。

フォトスタジオでマタニティフォトを撮影する場合、お腹の膨らみが目立たないと時期をずらした方が良いとアドバイスを受ける場合もあるそうです。

一方、臨月以降でもマタニティフォトを撮影できないわけではないのですが、妊娠37週目以降は「正産期」という時期で、赤ちゃんがいつ産まれてきてもおかしくない時期。

これも個人差がありますが、初産であっても正産期に入ったと同時に陣痛が始まるケースもあります。

なのでマタニティフォトは遅すぎがNGです。

 

マタニティフォトをフォトスタジオで撮影する場合、予約はいつがいい?

もしマタニティフォトをフォトスタジオで撮影し値場合は予約をする必要があります。

フォトスタジオに予約を入れる場合は妊娠8ヵ月~妊娠9カ月頃を目安にすることをおすすめします。

また、時期によっては予約がいっぱいになっている場合もあるため、事前にフォトスタジオに電話や来店をして相談してみると◎です。

 

【妊娠2人目の場合】
マタニティフォト撮影時期は「妊娠7ヵ月頃」を目安に

fotowa(フォトワ)

1人目の妊娠よりも2人目の妊娠の時の方がお腹が膨らむスピードが早いと感じる方が多いってご存知でしたか?

これには根拠があって、1回目の妊娠で腹筋が弱まり引っ張られたせいで、赤ちゃんの成長に対する腹筋の抵抗が弱まっているということが原因なのだそう。

なので2人目のマタニティフォトは1人目のマタニティフォトの撮影は1人目の時よりも少し早めに撮影をする傾向にあります。

では、妊娠2人目のマタニティフォトは具体的にいつ頃に撮影するのが良いのでしょうか?

答えは妊娠7ヵ月以降から。

妊娠2人目のマタニティフォト撮影の場合はこの頃が最適です。

ただ個人差があるので、パパとママで相談して撮影のタイミングを決めてみましょうね。

 

【双子のマタニティフォトの場合】
撮影時期は「妊娠中期(妊娠5ヵ月〜妊娠7ヵ月)」が目安

双子のマタニティフォト撮影時期は「妊娠中期(妊娠5ヵ月〜妊娠7ヵ月)」が目安です。

しかし双子を妊娠している場合、1人を妊娠している場合とは経過が異なります。

1人を妊娠している場合は「安定期(妊娠5ヵ月〜妊娠7ヵ月頃)」がありますが、「双子の場合は安定期はない」と言われることも多いほど体調が不安定な時期が多いのです。

なのでマタニティフォトを撮影する場合は体調を優先して判断しましょう。

ママのお腹の中に2人に赤ちゃんが入っているのでお腹の膨らみは十分にあります。

体調面で落ち着いている時期に撮影をするようにしましょうね。

 

【春夏秋冬】季節別で見る「マタニティフォト撮影に最適なタイミング」

マタニティフォトをいつ撮影するべきかは、季節ごとに違う場合もあります。

春夏秋冬それぞれの季節ごとに一番最適なタイミングで撮影したいですよね。

ここではそれぞれの季節のマタニティフォト撮影におすすめの時期や、マタニティフォトを撮影する時に注意すべきポイントをご紹介していきます。

 

春のマタニティフォト撮影

春はだんだんと暖かくなっていき、花や植物が彩りを見せ始める季節。

外を散歩するのも心地良い時期です。

なので屋外でマタニティフォトを撮影するのもおすすめ。

春のマタニティフォト撮影で最も人気なのが桜を取り入れた撮影です。

桜が咲き始める時期は、地域によっては肌寒い場合もあります。

春一番など、風の強く吹く時期でもあるため屋外でマタニティフォトを撮影する場合はコートやダウンなどの防寒着を持参していきましょうね。

 

夏のマタニティフォト撮影

夏は新緑が綺麗な時期ですね。

風物詩であるひまわりや壮大な青空と大きな雲もマタニティフォトに活用できます。

気温が高いので妊婦さんにとって悪影響な冷えとは無縁ですが、紫外線による日焼けや熱中症に注意しなければいけない時期でもあります。

もし屋外でマタニティフォトを撮影する場合は長時間にならないようにし、こまめな水分補給をするようにしましょうね。

 

「真夏の日中にマタニティフォトを撮影するのは大変そう...」というパパママは午前中の撮影がおすすめ。

夏の時期は14時以降に気温が最も高くなるからです。

それでも暑いのが苦手なパパママは無理せずに屋内での撮影をするのもありですね。

空調が効いた快適な環境で撮影することができますから、体調が不安定な妊婦さんもより安心です。

 

秋のマタニティフォト撮影

秋といえば紅葉が綺麗な時期ですね。

なので秋シーズンにマタニティフォトを撮影するパパママの多くは紅葉をバックにする方が多いです。

冬に向かって気温が下がり始め、木枯らしが吹く時期になると屋外撮影では妊婦さんの負担が大きくなってしまいますのでより一層体調管理に気をつけましょう。

撮影するのに適している時間帯はなるべく1日の中で気温が高い時間帯(14時前後)にしましょうね。

 

冬のマタニティフォト撮影

冬は1年の中で最も気温が下がる時期ですね。

冷えは妊婦さんの大敵ですから、基本的には屋外でのマタニティフォト撮影はあまりおすすめしません。

マタニティフォトはお腹を出して撮影したい場合もあるかと思いますが、短時間とはいえ冬の屋外で撮影するのはママにとっても赤ちゃんにとっても好ましいことではありません。

冬のマタニティフォト撮影は屋内で暖かい格好と暖かい室内で行うようにしましょう。

 

また、寒くなってくるこの時期は風邪やインフルエンザが流行しやすい時期。

風邪やインフルエンザで体調を崩すとマタニティフォト撮影が延期になるだけでなく、妊婦さん自身もとても大変な思いをしてしまいます。

なので冬のマタニティフォト撮影は体調管理にきちんと気を配りたい時期という意識を持って風邪対策もしましょうね。

 

【マタニティフォト】お腹のペイントはなくてもOK

 

この投稿をInstagramで見る

 

マタニティペイント さーこ(Sakiko Kaneta)(@_nico_life_)がシェアした投稿 -

SNSではマタニティフォトの際にお腹にペイントをした妊婦さんの投稿が目立ちます。

おしゃれで可愛らしく、おすすめのマタニティフォトアレンジの一つです。

マタニティフォトのペイントは暗算やお子さんの健やかな成長を願って行われるのですが、絶対にペイントをしなければいけないわけではありません。

ナチュラルな雰囲気でマタニティフォトを撮影したいパパママは何もペイントをせずに撮影するのもOKですし、カラフルに可愛らしくマタニティフォトを撮影したいパパママはお腹にペイントをしても良いですね。

 

妊娠期は体調面が不安...。
その場合は出張撮影を利用するのもおすすめ

Lovegraph(ラブグラフ)

妊娠期は様々な体調面のトラブルが起きますよね。

つわりや腰痛、恥骨の痛みなど個人差はあるものの、どれも気分が上がらない要因に。

マタニティフォトを撮影するのに最適な妊娠7ヵ月頃にあたる妊娠後期であっても後期つわりがあるママもいますし、腰痛や恥骨の痛みなどで外出をわずらわしく感じる場合もあります。

 

マタニティフォトはフォトスタジオで撮影するのが一般的でしたが、最近では出張撮影サービスを利用する方も多くなってきています。

カメラマンさんに自宅に来ていただいてマタニティフォトを撮影するので外出が難しいママであっても撮影することができますよ。

 

自宅でマタニティフォトを撮影してくれる
「おすすめ出張撮影サービス」

【利用した9割のパパママが5つ星評価】
fotowa(フォトワ)

fotowa(フォトワ)

fotowa(フォトワ)は写真を撮って欲しいパパママと写真撮影のスキルを持っているカメラマン・フォトグラファーとを繋げてくれる出張撮影マッチングサービス。

指名したカメラマン・フォトグラファーに撮影してもらった写真は全てデータで納品してくれるので便利です。

 

2020年1月現在、fotowa(フォトワ)に登録しているカメラマンさんの人数は1,000人を超えており、全国各地に在籍しています。

日付・日時・撮影して欲しい内容でカメラマン・フォトグラファーを検索して依頼することで、写真撮影をしてもらうことが可能です。

もし写真撮影当日にママの体調が良くなかった場合、キャンセル料なしで中止・延期することもできます。

ちなみにマタニティフォトの撮影後、仕上がりに満足できなかった場合は全額返金保証を利用することもできますよ。

 

マタニティフォト撮影プランの金額や内容

fotowa(フォトワ)

fotowa(フォトワ)のマタニティフォト撮影プランは以下の2種類となっています。

  • 撮影が平日の場合:19,800円(税抜)
  • 土日祝の場合:23,800円(税抜)

また、上記料金には以下のような内容が含まれているためコスパも◎です。

  • 75枚以上の写真データ
  • フォトグラファー指名料
  • 60分間の撮影料
  • 出張料

 

マタニティフォト撮影プランを利用したパパママの口コミ評判

fotowa(フォトワ)

とってもステキなマタニティフォトを、撮ってくださいました。

こちらの、相談を優しく受けてくださり、自分たちらしさが出る柔らかい雰囲気で撮ってくださり、出産前の良い思い出になりました。

用意してくださった小物がとても好みでした。

また、ニューボーンフォトもお願いしようと思い、ニューボーンフォトに繋がるような写真も撮ってくださり、感謝しています。

口コミ引用元:fotowa(フォトワ)公式サイト

お会いした瞬間から緊張がほどける笑顔をお持ちのカメラマンさんで、私も息子も夫も猫も、みんなリラックスしてして楽しく撮影出来ました。

ご自身も2児のママで子供の扱いがとにかく上手いっ!人見知りする息子も速攻で懐いてました。

また、ニューボーンフォトでお世話になりたいと思えるカメラマンさんでした☆(*´∇`*)

口コミ引用元:fotowa(フォトワ)公式サイト

マタニティ フォトの撮影をお願いしました。

初めての撮影で、漠然と海で撮影をしたいと言う考えだけがありました。

撮影場所もどこかいいのか相談にのっていただき、また事前に下見までしていただいていました。

この場所ならこんな撮影ができると教えていただきイメージできたので安心しました。
撮影当日は、朝早くから雨降って撮影を延期しましょうというこ事になりましたが、午前中の間に雨も上がりとてもいい天気になり、私も臨月に入りいつ産まれてもいい状態っだとのと夫の仕事の都合などもあり予定通り撮影をしていただき、色々と柔軟に対応してもらえたのでとても助かりました。

初めてだったので少し緊張もありましたが、池田さんのおかげで緊張もせず、楽しく撮影をすることができました。

海をバックにしたり、砂浜での撮影、緑の生茂った場所での撮影など色々な場所で撮ってもらえどれもお気に入りの写真ばかりです。

こちらの要望の写真も撮っていただき、自然体な写真もたくさん撮ってもらえてとても満足しています。

子供も無事に産まれたので、何かの記念にまたお願いしたいと思っています。

口コミ引用元:fotowa(フォトワ)公式サイト

 

 

 

【カメラマンさんの大多数がベテランママさんたちで安心】
Lovegraph(ラブグラフ)

Lovegraph(ラブグラフ)

出張撮影サービスのLovegraph(ラブグラフ)は全国各地にカメラマンさんが在籍しており、その大多数のカメラマンさんは自身が妊娠や出産を経験されたことのあるベテランママさん。

また、20代〜30代のカメラマン・フォトグラファーも多く、女性カメラマン・フォトグラファーの割合が多いのが特徴です。

カメラマンさんがママのことを一番に理解しているからこそ、撮影中には体の負担になるようなことはせず、自然な態勢や雰囲気で撮影ができるように進行してくれます。

撮影時間もママの都合や体調に合わせてくれるため、休憩しながらの撮影もOKです。

 

マタニティフォト撮影プランの金額や内容

Lovegraph(ラブグラフ)

Lovegraph(ラブグラフ)のマタニティフォト撮影プランはシンプル。

マタニティフォト撮影プランであれば、平日休日問わず23,800円(税抜)で撮影を引き受けてくれます。

また、上記料金には以下のような内容が含まれています。

  • 約1時間の撮影料
  • 50枚以上の写真データ
  • 出張料
  • 全データを手作業で加工
  • 指名料
  • 撮影地での下調べロケ
  • コンシェルジュサポート

 

マタニティフォト撮影プランを利用したパパママの口コミ評判

Lovegraph(ラブグラフ)

どんどん体型も変わっていく中で今の自分の姿を写真に残すことに少し不安もありましたが、今しか残せない写真を残せて良かったです。

主人もカメラマン様も優しく気遣ってくれて心温まる撮影でした。

また写真にすることでますます、子供に会える日が楽しみになりました。

産まれてから子供にもこんなに楽しみに待ってたよって見せたいと思います。

口コミ引用元:Lovegraph(ラブグラフ)公式サイト

自宅と公園での撮影は、どちらもすごく楽しくて、本当に良い思い出ができました。

仕上がりの写真があまりに綺麗で、感激です!色々と親切に対応して下さり、ありがとうございました!

ニューボーンフォトも楽しみにしています!

口コミ引用元:Lovegraph(ラブグラフ)公式サイト

ななさん(カメラマンさんのお名前)がとっても気さくな方なので楽しくてあっという間に時間が過ぎてしまいました!

撮影当日までのやりとりも丁寧で当日どの場所で撮るのかも事前に教えてもらい、イメージがしやすくありがたかったです★

ポーズなどに困った時は優しく指示をしていただけたのも助かりました♪

公園が大好きで走り回りたくて落ち着きのないコロンに私達はヒヤヒヤ…しかもどんぐりや枝に夢中だし(笑)

ちゃんと撮影できるかな…と心配になりましたが、コロンに対しても優しく接していただき、お写真もとっても素敵に撮影されていて感謝です♡

ありがとうございました★

口コミ引用元:Lovegraph(ラブグラフ)公式サイト

 

 

マタニティフォト撮影はセルフもおすすめ

マタニティフォトはスタジオ撮影や出張撮影もおすすめですが、自宅で自分たちでマタニティフォトを撮影するのもおすすめです。

最近は夫婦で工夫を凝らしておしゃれなマタニティフォトを撮影するご夫婦が増えています。

「セルフマタニティフォト」や「マタニティフォトセルフ」と呼ばれることが多く、20代〜30代のパパママを中心に人気があります。

【セルフでマタニティフォト】おしゃれに撮影するコツやポイント・アイテムを紹介」ではセルフマタニティフォトのおすすめの撮影場所や気をつけるべきポイントや、誰でも簡単にセルフマタニティフォトをプロのように撮影するための5つのコツなどを詳しくご紹介。

夫婦で着たいマタニティフォトの衣装4選や夫婦で試したいマタニティフォトポーズ4選も合わせて参考にしてみてくださいね。

実際にインスタグラムやツイッターに投稿されているマタニティフォトをご紹介しているので、イメージしやすいかと思います。

妊娠

【セルフでマタニティフォト】おしゃれに撮影するコツやポイント・アイテムを紹介

こんな方におすすめ セルフマタニティフォトのおすすめの撮影場所について知りたい! セルフマタニティフ ...




-妊娠
-,

Copyright© PaPa-MaMa-baby , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.