妊娠

【妊娠線を消すための治療方法と費用相場】レーザー治療・その他の治療にいくらかかる?

投稿日:2019-11-18 更新日:




こんな方におすすめ

  • 妊娠線を消すためのレーザー治療の費用相場が知りたい!
  • レーザー治療以外の治療法にかかる費用相場も知りたい!
  • 妊娠線を消すためのレーザー治療の種類ごとの費用相場が知りたい!
  • 妊娠線を消すためのレーザー治療にかかる期間についても知りたい!
  • 妊娠線を消すためのレーザー治療ができるクリニック・皮膚科の上手な選び方についても知りたい!

 

「妊娠線ができちゃった...どうしよう...」

妊娠して赤ちゃんに会える日(出産)を心待ちにしているママの中には「妊娠線」ができてしまい、落ち込んでしまうママも多いです。

赤ちゃんを妊娠したことは嬉しいですが、女性としての「体の美しさ」を損なうことは避けたいですよね。

赤ちゃんを産んでも綺麗なママでいたいという気持ちが生まれることは自然なこと。

【マタニティフォトはいつ撮影するべき?】スタジオ撮影や出張撮影サービスも紹介

【セルフでマタニティフォト】おしゃれに撮影するコツやポイント・アイテムを紹介

でお話ししているように、妊娠線は思い出にもなりますが、できれば妊娠線のない綺麗なお腹に戻したいですよね。

妊娠

【マタニティフォトはいつ撮影するべき?】スタジオ撮影や出張撮影サービスも紹介

こんな方におすすめ マタニティフォトを撮影するタイミングが知りたい! 季節別におすすめなマタニティフ ...

妊娠

【セルフでマタニティフォト】おしゃれに撮影するコツやポイント・アイテムを紹介

こんな方におすすめ セルフマタニティフォトのおすすめの撮影場所について知りたい! セルフマタニティフ ...

 

妊娠線を消すための方法には様々な種類がありますが、中にはクリニック・皮膚科で施術してもらえるレーザー治療を代表にして様々な治療法に興味があるママも大勢います。

「妊娠線を消すためのレーザー治療っていくらくらいでやってもらえるの?」「レーザー治療もそうだけど、クリニック・皮膚科で施術してもらうと高そう...」と思っているママは多いのでしょうか?

 

そこでこの記事では、レーザー治療にかかる費用の相場を中心に、その他の妊娠線を消すための治療法にかかる費用相場についてもご紹介しています。

「妊娠線を消したい!」「妊娠線を薄くしたい!」と考えているママや妊娠線を消すためのレーザー治療にかかる費用相場を知りたいママは参考にしてみてください。

最後には「自宅でできる妊娠線セルフケア」についてもご紹介しているので、そちらも参考にどうぞ。

 

この記事の目次

そもそも妊娠線って何?

妊娠線は、妊娠したママのお腹の皮膚にできる赤紫色の線のことを言います。

「線状皮膚萎縮症(せんじょう ひふ いしゅくしょう)」や「皮膚伸展線条(ひふ しんてん せんじょう)」が正式名称で、医療の現場ではこのように呼ばれることも多いです。

一般的には「ストレッチマーク」や「肉割れ」と言われることもあります。

妊娠線はでき始めの頃は赤紫色の線ですが、時間が経つとだんだん白っぽい線になっていくことが大半です。

妊娠線のでき方には個人差があり、ジグザグやまっすぐ縦線、細かったり太かったりと様々です。

また、妊娠を経験したママの約7割が妊娠線ができてしまうというデータもあるほど「妊婦さんに起こりやすい体の変化」とも言えます。

 

以下の記事では「妊娠線と正中線の違い」「妊娠線ができる2つの原因」「妊娠線はいつからできるのか」「妊娠線ができやすい人の10の特徴」などもご紹介しています。

妊娠線について詳しく知りたいママはこちらの記事も合わせて参考にしてみてください。

妊娠

【妊娠線とは】いつからできる?ケア方法は?妊娠線ができやすい人の10の特徴も解説

こんな方におすすめ 妊娠線とはなんなのか詳しく知りたい! 妊娠線はいつからできるのか知りたい! 妊娠 ...

 

妊娠線を消すためのレーザー治療とは?

ぎなん皮ふ科クリニック

レーザー治療とは肌にレーザー照射をして熱刺激を与え、肌が持つ本来の再生能力を促す治療方法です。

肌を意図的に火傷させることで強制的に代謝を活性化させる効果があります。

妊娠線のレーザー治療にはいくつか種類がありますが、基本的にはどのレーザー治療であっても基本的には原理は同じです。

妊娠線ができてしまった部位にレーザー照射し、肌に存在しているコラーゲンを活性化します。

 

妊娠線を消すためのレーザー治療のメリット・デメリット

妊娠線を消すことができたママたちの間で話題のレーザー治療。

ここでは妊娠線を消すためのレーザー治療のメリット・デメリットについて見ていきましょう。

 

妊娠線を消すためのレーザー治療のメリット

妊娠線を消すためのレーザー治療のメリットは、数ある皮膚治療の中でも比較的短期間で効果が出てくることや、妊娠線の状態とレーザー照射の機会の相性が良い場合に思っている以上の効果が出てくれる(ほとんど元の肌に近いくらいにしてくれる)ということです。

妊娠線ができてしまった多くのママたちが一度は妊娠線を消すためのレーザー治療を受診しようと考えるのもこのメリットが関係しています。

 

妊娠線を消すためのレーザー治療のデメリット

反対に妊娠線を消すためのレーザー治療のデメリットは肌が弱いママにとっては重度の火傷やその他の肌トラブルが発生してしまう可能性・危険性があるということです。

また、妊娠線を消すためのレーザー治療の効果には個人差があるので大きな効果が実感できるママもいれば効果が実感できないママもいます。

よって「レーザー治療高いお金を出したのに妊娠線の効果がなかった...」ということもデメリットとも言えます。

 

妊娠線を消すためのレーザー治療は安全?痛い?

クリニーク大阪心斎橋

妊娠線のレーザー治療は安全なのか気になるママは多いと思います。

基本的には安全な治療法と言われていますが、妊娠線の状態によっては強いレーザー照射をしなければいけない場合もあるため、痛みを伴う場合もあります。

しかし大半の場合は耐えられないほどの痛みではないようです。

 

妊娠線を消すためのレーザー治療にかかる期間は?

妊娠線を消すためのレーザー治療にかかる期間は受診するクリニックや皮膚科、主治医の判断によって異なってきますが、2ヶ月〜3ヶ月かかることが大半です。

レーザー治療を行って次のレーザー治療を行うには、1週間〜2週間ほど空けなければいけないためです。

これはレーザー照射によって負担かかった肌(軽度の火傷を生じた肌)の回復期間が必要だから。

よって、5回〜6回の妊娠線を消すためのレーザー治療を受けるとなるとどうしても2ヶ月〜3ヶ月かかってしまうというわけです。

また、妊娠線を消すためのレーザー治療が順調に進まなかった場合は、2ヶ月〜3ヶ月よりも長くかかってしまうこともあります。

 

妊娠線を消すためのレーザー治療にかかる費用相場

先ほど、妊娠線を消すためのレーザー治療にはいくつか種類があることをお話ししました。

どのレーザー治療を受ける場合でも料金は高額になり、妊娠線を消すために受ける1回のレーザー治療で2万円〜4万円の値段が費用相場となっています。

(詳細は後ほどご紹介します。)

ただ、以下の①、②のような要因が関係して費用相場が大きく異なる場合もあります。

 

①受診するクリニック・皮膚科や部位で費用相場が異なる

妊娠線を消すために受ける1回のレーザー治療で2万円〜4万円の値段が費用相場とお話ししましたが、受診するクリニック・皮膚科や部位で料金が異なってきます。

受診するクリニック・皮膚科で大きく異なる場合も(1回で1部位で20万円ほどかかる場合も...)あるので、気になっているクリニック・皮膚科や受診しようとしているクリニック・皮膚科がある場合は事前に料金の確認をしてみることをおすすめします。

 

②レーザー治療の種類によっても費用相場が異なる

妊娠線を消すためのレーザー治療には様々な種類があり、レーザー治療の種類によっても費用相場が異なってきます。

クリニック・皮膚科によって導入しているレーザーが異なるため、事前に確認しておく必要があります。

 

レーザー治療の費用相場

フラクショナルレーザー

レーザー治療の多くは「フラクショナルレーザー」という機器を使用し、皮膚深部まで細かい穴(傷)を意図的に作ります。

この意図的に作った細かい穴(傷)を修復しようとする人間の自然治癒力を利用して妊娠線を消していく治療方法です。

レーザー治療の費用相場は以下の通りです。

  • レーザー治療にかかる総額:20万円前後
  • 1回のレーザー治療にかかる費用:2万円~4万円
  • レーザー治療の必要回数:3回~6回

妊娠線を消すためのレーザー治療は1回に2万円~4万円、必要回数は3回~6回です。

レーザー治療にかかる総額は20万円前後かかる計算になります。

これは1ヶ所にかかる費用相場。

妊娠線が各所離れたところに数カ所ある場合や広範囲に妊娠線がある場合はさらに費用がかさんでしまう可能性もあります。

ちなみに妊娠線がある箇所の数え方は「通常のはがき(100×148mm)の範囲を1ヶ所」とします。

この通常のはがき(100×148mm)の範囲を1ヶ所につき20万円がかかります。

妊娠線を消すためのレーザー治療にかかる費用は受診するクリニック・皮膚科によってことなるため、事前に問い合わせをしてみることをおすすめします。

 

妊娠線を消すためのレーザー治療は3回〜6回ほど受診する必要があるので高額になってしまう

妊娠線の状態や部位や範囲などで異なりますが、妊娠線を消すためのレーザー治療は1回では終わらず、3回〜6回ほど受診する必要があります。

最安費用相場「1回2万円」のレーザー治療を受ける場合で考えても10万円〜12万円はかかる計算です。

 

妊娠線を消すためのレーザー治療はほとんどの場合「保険適用外」なのも費用が高額になる原因

妊娠線を消すためのレーザー治療は治療費を10割自己負担する必要がある「自由診療扱い」

残念ながら、妊娠線を消すためのレーザー治療はほとんどの場合保険適用外となります。

なので費用が高額になってしまうのです。

妊娠線ができてしまった大半のママが妊娠線を消すためのレーザー治療を受診せず、自宅でのクリームやオイルを使ったセルフケアをしているのも納得がいきますよね...

 

妊娠

【妊娠線とは】いつからできる?ケア方法は?妊娠線ができやすい人の10の特徴も解説

こんな方におすすめ 妊娠線とはなんなのか詳しく知りたい! 妊娠線はいつからできるのか知りたい! 妊娠 ...

 

しかし保険適用となる場合も

妊娠線を消すためのレーザー治療はほとんどの場合保険適用外ですが、保険適用となる場合もあります。

妊娠線を消すためのレーザー治療が保険適用となるのは以下のような場合です。

  • 妊娠線ができたことよって日常生活が送れないほどの激しい痛みがある
  • 妊娠線の傷が深すぎて肌が正常な状態ではない

日常生活に支障をきたすほどの痛みや痒みがある場合などには保険適用となるケースもありますが、「妊娠線があるのが恥ずかしい」「妊娠線をなくして水着を着たい」といった見た目・コンプレックスに関係する理由から受診する妊娠線を消すためのレーザー治療は保険適用外となる場合がほとんどです。

 

レーザー治療以外の「妊娠線を消すための治療法」にかかる費用相場

妊娠線を消すための治療法はレーザー治療以外にもあります。

レーザー治療以外の妊娠線を消すための治療法は、主に以下のようなものがあります。

  • 瘢痕(はんこん)修正術
  • ダーマローラー
  • ダーマペン
  • メソセラピー
  • 血流改善ガス治療(炭酸ガス治療)
  • プラズマ治療
  • セルトーン

それぞれの費用相場についても見ていきましょう。

 

瘢痕(はんこん)修正術の費用相場

瘢痕修正術は妊娠線ができてしまった皮膚を切開して、肉割れしてしまった真皮や皮下組織を直接縫い合わせる手術です。

この手術は妊娠線を完全に消すというよりは目立たなくさせるために行われます。

皮膚を切開することに抵抗がある方が多いため、瘢痕修正術を選ばれる方は少ないです。

瘢痕(はんこん)修正術の費用相場は以下の通りです。

  • 瘢痕(はんこん)修正術にかかる総額:5万円前後
  • 1回の瘢痕(はんこん)修正術にかかる費用:約5万円
  • 瘢痕(はんこん)修正術の必要回数:1回

 

ダーマローラーの費用相場

ダーマローラーとは、長さ1.2mmほどの医療用のステンレス製の針が数百本埋め込まれているローラーのこと。

もともとは毛穴を引き締め・シミ・ニキビ跡の改善のために使用されていました。

1本の髪の毛よりも細い針を妊娠線ができた皮膚の上で転がしてお肌の再生能力を上げ、妊娠線を消すもしくは薄くするための方法です。

ダーマローラーの費用相場は以下の通りです。

  • ダーマローラーにかかる総額:30万円前後
  • 1回のダーマローラーにかかる費用:約5万円
  • ダーマローラーの必要回数:6回

 

ダーマペンの費用相場

ダーマペンはペン型の電動ニードルを肌に当て、真皮層(皮膚の奥深くにある層)まで意図的に穴を空け(傷を付け)ます。

(原理はダーマローラーと同じです)

すると肌がその穴(傷)を修復しようと「自己治癒能力」が働き、妊娠線も目立たなくさせてくれる治療方法です。

ダーマペンの費用相場は以下の通りです

  • ダーマペンにかかる総額:17万円〜30万円前後
  • 1回のダーマペンにかかる費用:約5万円
  • ダーマペンの必要回数:6回

また、ダーマペンを使用した妊娠線治療はクリニックで受けれますが、セルフケアも可能と言えば可能です。

古いダーマペンであれば8,000円程度、最新機種であれば15,000円〜30,000円ほどで購入ができます。

しかししっかりと効果を実感するためには、妊娠線を薄くする・消すための環境が整っているクリニックや皮膚科、施術のプロである医師に施術をしてもらう方がおすすめです。

 

メソセラピーの費用相場

メソセラピーは皮膚組織(特に皮下組織や真皮)を活性化する成分を妊娠線ができてしまった部分に注入し、妊娠線の治療をする手術。

皮膚科によって注入する成分が異なりますが、大半の場合はお肌に有効なビタミン類もしくは成長因子です。

手術回数と頻度は1〜2ヶ月おきに1回、合計3回ほどですが、効果が持続しにくいのがデメリット。

1〜3年後に再治療をする必要があります。

稀ですが、注入する成分でアレルギーを起こしてしまう場合もあるため、受信する際は専門医に相談するようにしましょう。

メソセラピーの費用相場は以下の通りです。

  • メソセラピーにかかる総額:9万円前後
  • 1回のメソセラピーにかかる費用:約3万円
  • メソセラピーの必要回数:3回

 

血流改善ガス治療(炭酸ガス治療)の費用相場

血流改善ガス治療(炭酸ガス治療)はその名の通り、炭酸ガスを使用して妊娠線を消す治療法です。

妊娠線ができる原因は真皮層(皮膚の奥深くにある層)の傷。

この真皮層に炭酸ガス(CO2ガス)を入れて活性酵素を増加させることでコラーゲンが再構成され、真皮層の傷を治療します。

血流改善ガス治療(炭酸ガス治療)の費用相場は以下の通りです。

  • 血流改善ガス治療(炭酸ガス治療)にかかる総額:30万円前後
  • 1回の血流改善ガス治療(炭酸ガス治療)にかかる費用:約3万円
  • 血流改善ガス治療(炭酸ガス治療)の必要回数:10回

血流改善ガス治療(炭酸ガス治療)は1回の施術で3万円前後かかり、治療に必要な回数は10回となる場合がほとんど。

よって血流改善ガス治療(炭酸ガス治療)にかかる総額は30万円前後となります。

血流改善ガス治療(炭酸ガス治療)は1ヶ所の治療部位を10cm×10cmの範囲で指定していることが多いため、妊娠線が広範囲にできてしまっている場合はより高額になる可能性があります。

 

血流改善ガス治療(炭酸ガス治療)は「モニター価格」だと安く受診できる

血流改善ガス治療(炭酸ガス治療)にかかる総額は30万円前後の費用がかかるためとても高額ですが、モニター価格で受けると安く受診することができます。

血流改善ガス治療(炭酸ガス治療)のモニターとは、病院や美容外科クリニックの公式サイトなどでビフォーアフターの写真や動画のモデルになること。

オープン間近・オープンしたばかりのクリニック・皮膚科や炭酸ガスの機器を導入したばかりのクリニック・皮膚科などでモニターを募集していることが多いです。

血流改善ガス治療(炭酸ガス治療)のモニター価格は数千円〜数万円という破格の費用で施術がしてもらえることが最大のメリットですが、施術回数がほとんどないことや施術担当する医師が未熟・低い場合があると言ったデメリットもあります。

 

プラズマ治療の費用相場

プラズマ治療は「プラズマ」という細かい分子を利用することで、表面の皮膚を傷つけずに皮膚の深い真皮層に直接働きかえる治療法になります。

プラズマ治療の費用相場は以下の通りです。

  • プラズマ治療にかかる総額:30万円前後
  • 1回のプラズマ治療にかかる費用:約8万円
  • プラズマ治療の必要回数:4回

 

セルトーンの費用相場

1秒間に最大15Hzの衝撃波を照射し、セルライトができる治療法です。

セルライト除去が目的で作られましたが、肉割れ(ストレッチマーク)の解消も可能です。

ただし妊娠線を消すためにセルトーンを使用することは稀です。

セルトーンの費用相場は以下の通りです。

  • セルトーンにかかる総額:5万円前後
  • 1回のセルトーンにかかる費用:約1万円
  • セルトーンの必要回数:5回

セルトーンの必要回数はセルライト除去の目安となります。

妊娠線の治療にはめったに使われないので直接クリニックや皮膚科に問い合わせすることをおすすめします。

 

レーザー治療以外の「妊娠線を消すための治療法」も保険適用外

先ほど、妊娠線を消すためのレーザー治療は治療費を10割自己負担する必要がある「自由診療扱い」であり、妊娠線を消すためのレーザー治療はほとんどの場合保険適用外となってしまうことをお話ししました。

ここまでにご紹介したレーザー治療以外の「妊娠線を消すための治療法」も同じく保険適用外になってしまうため、費用が高額になる傾向にあります。

 

妊娠線を消すための治療ができるクリニック・皮膚科の上手な選び方

クリニック・皮膚科での妊娠線を消すための治療は健康面・メンタル面などを考慮して最適な治療法を提案してくれます。

しかしクリニック・皮膚科には様々な種類があるのでどのクリニック・皮膚科でも良いわけではありません。

ここでは、妊娠線を消すための治療ができるクリニック・皮膚科の上手な選び方についてご紹介していきます。

 

①治療経験が豊富な医師がいる

妊娠線には様々な種類があります。

代表的な妊娠線で言えば

  • 白い線ができるだけの妊娠線
  • 赤くミミズ腫れのようになる妊娠線

といったものがあります。

妊娠線の種類によって治療の種類も異なってくるため、治療経験が豊富な医師がいるクリニック・皮膚科での妊娠線治療がおすすめです。

 

②良い口コミ・評判の良い口コミが多い

妊娠線を消すための治療ができるクリニック・皮膚科の上手な選び方として、実際に妊娠線を消すための治療ができるクリニック・皮膚科を利用したことがあるママたちの口コミをネットやSNSなどで探してみるのも参考になりおすすめです。

第三者からの視点でそのクリニック・皮膚科の評価を見てみることで安心して受診することができます。

 

費用よりも実績や良い口コミの多さで見てみるのが◎

妊娠線を消すための治療には高額な費用がかかることをお話ししました。

受診するクリニック・皮膚科によって費用が異なるため、できるだけ安い費用で妊娠線を消すための治療を受けたいと考えているママは多いのではないでしょうか?

しかし、費用が安いかどうかを基準にして妊娠線を消すための治療ができるクリニック・皮膚科を選ぶことはおすすめしません。

しっかりとした実績や良い口コミが多い妊娠線を消すための治療ができるクリニック・皮膚科を選ぶことをおすすめします。

 

 

【レーザー治療の費用は高すぎる...】
大多数のママが実践している「妊娠線セルフケア」がおすすめ

クリニックや皮膚科でレーザー治療・その他の治療法を施術してもらい妊娠線を消すママもいますが、大多数のママは自宅で「妊娠線セルフケア」を行い、妊娠線を治しています。

理由は「クリニックや皮膚科でのレーザー治療・その他の治療にかかる費用が高すぎるから」

赤ちゃんが生まれて様々なことにお金がかかる状況で、「何十万円もの出費があるのは正直喜ばしくない」と思うママや、「高いお金を出しても妊娠線の治療をしても100%治ると言い切れない」というママが大半です。

「セルフケアしてみたけど治らなかったから、レーザー治療やその他の治療法を検討してる」というママも、妊娠線ができたばかりでどうやって治したらいいかわからないママも、ぜひ一度参考にしてみていただきたい内容です。

 

レーザー治療が高いと判断したママたちは「自宅でできる妊娠線セルフケア」を実践している

妊娠線を消すためにクリニックや皮膚科でレーザー治療やその他の治療をしてもらう費用が高いと感じているママは、以下のような3つの「自宅でできる妊娠線セルフケア」を実践しています。

 

【自宅でできる妊娠線セルフケア】

  1. 妊娠線ケアクリームでしっかり保湿する
  2. 妊娠線ケアオイルでしっかり保湿する
  3. 食生活を見直して肌質の改善をする

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

自宅でできる妊娠線セルフケア①:
妊娠線ケアクリームでしっかり保湿する

妊娠線は真皮と皮下組織が傷ついてしまっていることで起きます。

保湿をして肌の状態を整え、ターンオーバーを正常化させるようするといいのですが、そのためにはお肌の保湿をして整えることが最優先。

Amazonや楽天市場など、ネットでも数多くの「妊娠線をケアするためのクリーム」が販売されているので、保湿をしてケアをすることで妊娠線が薄くできる・消せる可能性が高くなります。

(もちろん店頭販売されている妊娠線ケアクリームでもOKです)

 

自宅でできる妊娠線セルフケア②:
妊娠線ケアオイルでしっかり保湿する

妊娠線をケアするためのクリームで保湿することに加え、妊娠線ケアオイルでしっかり保湿することもとても大切です。

オイルはクリームよりも肌の奥まで行き届いてゆっくりと浸透し、保湿してくれる性質があります。

また、お肌の水分の蒸発を防いでくれるため、妊娠線のケアにはオイルが最も効果があるというデータも。

自宅で妊娠線セルフケアをして妊娠線を消すことができた大勢のママたちは「妊娠線対策クリーム」「妊娠線ケアオイル」を一緒に使っています。

ちなみに、カレンデュラオイル・ホホバオイル・ジャスミンオイルなどをベースに精油を配合し、アロマテラピーとして妊娠線セルフケアをするのもおすすめ。

気分をリフレッシュさせる効果だけでなく、女性ホルモンの分泌を促進してお肌のターンオーバーを活性化してくれる効果も期待できます。

 

そして、肌に優しい素材を使用しているマタニティウェアを選ぶのもコツです。

マタニティウェアに関する内容は

【マタニティウェアはいつから着るもの?】種類・選び方・おすすめのショップなどを紹介

【妊婦さんにおすすめ】人気のマタニティウェアブランドやマタニティ専門通販サイト20選

にまとめてあるので、興味のある方は合わせて参考にしてみてください。

妊娠

【マタニティウェアはいつから着るもの?】種類・選び方・おすすめのショップなどを紹介

2020/01/03    

こんな方におすすめ マタニティウェアとはどういう洋服なのか知りたい! マタニティウェアの種類が知りた ...

妊娠

【妊婦さんにおすすめ】人気のマタニティウェアブランドやマタニティ専門通販サイト20選

2020/01/06    

こんな方におすすめ 人気のマタニティウェアブランドが知りたい! 妊娠期間ごとに必要なマタニティウェア ...

 

自宅でできる妊娠線セルフケア③:
食生活を見直して肌質の改善をする

妊娠線ケアクリームや妊娠線ケアオイルは自宅でできる効果的な妊娠線セルフケア。

これらに加えて食生活を見直して肌質の改善をすることも妊娠線を消すための効果的な方法です。

人の体は食べたもので作られており、特にお肌は摂取した食べ物によって影響を受けやすいと言われています。

妊娠線が治りやすい(お肌のターンオーバーが正常化しやすい)状態になるような食生活を心がけるのも自宅でできる妊娠線セルフケアとして試しておきたい方法です。

 

また、これらの「自宅でできる妊娠線セルフケア」の詳細やおすすめの妊娠線対策クリーム・妊娠線ケアオイルを知りたいママは「妊娠線はできる前に予防!できてしまったらケア!」も参考にしてみてください。

妊娠線対策・予防クリーム・オイルの効果的な塗り方」や「妊娠線が消えた!みんなに選ばれている妊娠線予防アイテムランキング」も参考にどうぞ。

妊娠

【妊娠線とは】いつからできる?ケア方法は?妊娠線ができやすい人の10の特徴も解説

こんな方におすすめ 妊娠線とはなんなのか詳しく知りたい! 妊娠線はいつからできるのか知りたい! 妊娠 ...




-妊娠
-

Copyright© PaPa-MaMa-baby , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.