【栄養士推奨】SENOBIRU(セノビル)の「こどもバナナ青汁」が注目される理由

更新日:



こんな方におすすめ

  • SENOBIRU(セノビル)の「こどもバナナ青汁」の特徴が知りたい!
  • SENOBIRU(セノビル)の「こどもバナナ青汁」の人気の理由が知りたい!
  • 子供の栄養不足を解消してくれるアイテムが知りたい!
  • SENOBIRU(セノビル)の「こどもバナナ青汁」の口コミ評判が知りたい!

 

普段の食事から摂取される栄養はお子さんの成長に欠かせませんよね。

「食べたもので体は作られる」という言葉がありますが、まさにその通り。

毎日きちんと食事を作っていても、「子供の栄養は足りているかな?」「きちんと摂るべき栄養は足りているかな?」と気になっているパパママは多いのではないでしょうか?

最近ネットやSNSを中心にパパママの間で人気が出ているSENOBIRU(セノビル)の「こどもバナナ青汁」をご存知でしょうか?

SENOBIRU(セノビル)の「こどもバナナ青汁」は、たったコップ1杯で1日に必要な栄養素を補えるだけでなく、腸の働きや栄養吸収率を上げてくれる効果も期待できる「子供向けの栄養補助食品」です。

 

この記事では、お子さんの栄養不足解消におすすめのSENOBIRU(セノビル)の「こどもバナナ青汁」についてご紹介しています。

栄養士さんが推奨している健康食品でもあるので、お子さんの栄養管理が気になるパパママは参考にしてみてくださいね。

 

80%のパパママが「子供の栄養不足」を心配している...

厚生労働省のデータで、子供の栄養不足が指摘されているのをご存知ですか?

平成24年に行われた「国民健康・栄養調査、第6次日本人の栄養所要量の活用編」によると、3歳〜17歳までの野菜の摂取目安量はおよそ350g前後。

SENOBIRU(セノビル)「こどもバナナ青汁」

しかし上記のグラフをご覧いただくとわかる通り、各世代で大幅に栄養摂取量が少ない現状があります。

厚生労働省が定めている基準値よりも栄養摂取量が大幅に下回っていることはとても深刻な問題であることは言うまでもありません。

 

また、SENOBIRU(セノビル)の独自調査では、80%のパパママが「子供の栄養不足」を心配しているという結果となりました。

では、そのようなパパママたちはどういったことを心配しているのでしょうか?

 

パパママたちが子供の栄養不足で心配していること

以下は、パパママたちが子供の栄養不足で心配していることで割合の多かった項目です。

 

【パパママたちが子供の栄養不足で心配していること】

  • 免疫力の低下やアレルギー:38%
  • 風邪をひきやすくなる:20%
  • 背が伸びなくなる:14%
  • 精神的に安定しなくなる:9%
  • 脳や神経の発達が遅くなる:8%
  • 便秘:5%
  • 骨折しやすくなる:4%
  • 貧血:2%

データ引用:SENOBIRU(セノビル)「こどもバナナ青汁」公式サイト

 

このように、子供の栄養不足は様々な不調や成長因子を止めてしまうことになると危機感を持っているパパママは多いです。

 

1日に食べるべき野菜の量について

先ほども少しお話ししましたが、厚生労働省が定めた1日に必要な野菜の量は350g。

野菜料理に換算すると約5皿分に相当します。

一昔前までは1つの野菜に含まれる栄養素が豊富だったので食べる量はここまで多くなかったですが、現代では野菜そのものの栄養価が下がっているのでここまでの量を食べなくてはならない状況になっています。

これだけの量の野菜を毎日食卓で出すのはお金もかかりますし、野菜だけでお腹がいっぱいになってしまい、そのほかの食事が摂れなくなってしまいます。

 

子供の健康と成長を見守るパパママが、お子さんの日々の栄養補給で活用したいと思っているのが「青汁」

ではなぜ、子供の健康と成長を考える多くのパパママは青汁を飲ませたいと思っているのでしょうか?

 

なぜ大勢のパパママは子供の栄養不足解消のために青汁を選ぼうとするのか?

SENOBIRU(セノビル)「こどもバナナ青汁」

ここでは、大勢のパパママが子供の栄養不足解消のために青汁を選ぼうとする理由について触れていきたいと思います。

日本人の古来からの食生活は和食スタイル。

基本的に一汁三菜(ご飯・味噌汁・野菜を使用したおかず)でした。

一汁三菜は質素な食事に思われがちですが、野菜を一定量摂取することができ、脂質の摂取量が少ない(ヘルシー)です。

近年の食事は欧米化が進み、脂質過多・ビタミンミネラルが不足しがちな食事スタイルとなっています。

SENOBIRU(セノビル)の独自調査では、「青汁を子供に飲ませたいと思ったことはありますか?」という問いに対して67%のパパママが「飲ませたい」と回答しました。

「食事のスタイルを変えることが難しい、でもビタミンやミネラルの摂取はしっかりさせたい!」というパパママが青汁を選ぼうとしているのです。

 

しかし、半数以上のパパママは青汁に対してのイメージが良くない

ただ、「青汁を子供に飲ませたいと思ったことはありますか?」という問いに対して「飲ませたい」と回答した67%のパパママは「青汁の味についてどんなイメージを持っていますか?」という問いに対し、以下のような回答をしています。

 

【青汁の味についてどんなイメージを持っていますか?】

  • まずい:27%
  • 青臭い:22%
  • 苦い:14%
  • 意外と飲みやすい:17%
  • 美味しいものもある:17%
  • 美味しい:3%

データ引用:SENOBIRU(セノビル)「こどもバナナ青汁」公式サイト

 

「まずい 27%」「青臭い 22%」「苦い 14%」というパーセンテージ、合計63%のパパママが青汁に対してあまり良いイメージを持っていないということがわかっています。

 

美味しい青汁があれば子供に飲ませたいと思っているパパママの割合は「82%」

63%ものパパママが青汁に対してあまり良いイメージを持っていないということがわかっているということをお話ししましたが、美味しい青汁があれば子供に飲ませたいと思っているパパママの割合は82%ととても多いです。

味は別として「青汁の栄養価の高さが評価されている」ということがわかりますね。

 

そこで「子供でもゴクゴク飲める青汁を作ろう!」ということで開発されたのがSENOBIRU(セノビル)の「こどもバナナ青汁」です。

 

 

 

SENOBIRU(セノビル)「こどもバナナ青汁」の特徴

SENOBIRU(セノビル)「こどもバナナ青汁」

先ほどもお話しした通り、本来は健康や成長維持のために「1日350gの野菜」を食べ続けることが理想とされています。

しかし、食の欧米化や食材の含んでいる栄養価の低下などが起因して、「1日350gの野菜」を食べ続けることを毎日実践し続けることは困難になっており、学校給食や病院食のプロですら1日に必要な栄養素を考慮してメニューを加えるのは頭を抱えるほどだとも言われています。

一昔前までは野菜だけでも十分な栄養素を摂取することが可能でしたが、現代では食事以外の部分で栄養素を補う必要が出てきたということですね...。

 

SENOBIRU(セノビル)「こどもバナナ青汁」は100%国産大麦若葉を代表とし、13種類の野菜と6種類のフルーツが配合されていて、たったコップ一杯で1日に必要な栄養素をたっぷり摂取することが可能。

保存料や人工甘味料を一切使用せず、ミネラルやビタミンなどがたっぷり含まれている黒糖を使用しており、安全にそして美味しく飲むことができるので「お子さんが飲みたくなる青汁」となっています。

さらには体づくりに欠かせない腸の健康状態を整え、栄養の吸収率を上げるために「乳酸菌」「ビフィズス菌」も配合されていたり、畑のお肉と言われている豆腐の約12倍の植物性タンパク質を含んでいる「スピルリナ」も含んでいることも大きな特徴です。

 

それでは、SENOBIRU(セノビル)「こどもバナナ青汁」の特徴を詳しく見ていきましょう。

 

国産大麦若葉を使用している

大麦若葉にはその見た目からは想像ができないほどたくさんの栄養素が含まれており、その栄養豊富な栄養価から「スーパー緑黄色野菜」という呼ばれ方もするほど、注目の野菜です。

 

【大麦若葉の栄養価】

  • 亜鉛:あさりおよそ140個分
  • 食物繊維:キャベツの10倍
  • カルシウム:牛乳の4倍
  • ビタミンC:みかんの10倍
  • カリウム:キウイおよそ13個分
  • Bカロテン:赤ピーマンおよそ13個分
  • 鉄分:グリーンピースの約11倍
  • ビタミンB1:おからの約5.5倍
  • ビタミンE:ニンジンの10倍
  • 葉酸:レタス1.7玉分

データ引用:SENOBIRU(セノビル)「こどもバナナ青汁」公式サイト

 

また、SENOBIRU(セノビル)の「こどもバナナ青汁」は栄養をたっぷり含まれている「宮崎県産大麦若葉」を100%使用しています。

 

19種類の野菜とフルーツをたっぷり配合

※画像はイメージです。含まれていない野菜やフルーツもあります。

SENOBIRU(セノビル)の「こどもバナナ青汁」は13種類の野菜と、6種類のフルーツをもとに作られています。

合計19種類の野菜やフルーツを使用することで不足時がちな栄養素を一度に摂取することができます。

 

【SENOBIRU(セノビル)の「こどもバナナ青汁」に含まれている野菜たち】

  1. ケール(ビタミンA)
  2. ブロッコリー(ビタミンC)
  3. カボチャ(ビタミンB)
  4. チンゲン菜(βカロテン)
  5. パセリ(ビタミンE)
  6. ニンジン(βカロテン)
  7. セロリ(ビタミンA)
  8. ゴーヤ(ビタミンC)
  9. ほうれん草(鉄分)
  10. 桑の葉(カルシウム)
  11. モロヘイヤ(カルシウム)
  12. よもぎ(食物繊維)
  13. トマト(βカロテン)

【SENOBIRU(セノビル)の「こどもバナナ青汁」に含まれているフルーツたち】

  1. バナナ(ビタミン類・ミネラル類・食物繊維・ポリフェノールなど)
  2. リンゴ(ポリフェノール)
  3. マスカット(カリウム)
  4. ピーチ(ビタミンE)
  5. グレープフルーツ(ビタミンC)
  6. パイナップル(ビタミンB1)

 

50種類以上の栄養素を含むスーパーフード「スピルリナ」を配合

スピルリナは螺旋状をした藻類で、約30億年前から自生している植物です。

50種類以上の健康・栄養成分を含んでおり、その栄養バランスは緑黄色野菜も敵わないと言われているほど栄養価が高いのが特徴。

世界健康機関WHOが「理想的な栄養補助食品」として紹介するなど、世界的にも注目を集めている食材です。

SENOBIRU(セノビル)の「こどもバナナ青汁」にスピルリナを配合しているのにはちゃんとした理由があります。

子供の成長に欠かせない栄養素の中でも最も重要と言われているのが「植物性タンパク質」なのですが、スピルリナはその植物性タンパク質が60%以上の割合で含まれているのです。

植物性タンパク質が含まれている量は豆腐の約12倍です。

 

ちなみに、優れた栄養バランスが世界的に注目されている理由として、以下のスピルリナとほうれん草の栄養素を比較したデータを参考にしていただければと思います。

βカロテン ほうれん草:4.2mg
スピルリナ:49.2mg
カルシウム ほうれん草:69.6mg
スピルリナ:63.6mg
カリウム ほうれん草:690mg
スピルリナ:1,490mg
マグネシウム ほうれん草:69mg
スピルリナ:401mg
ナイアシン ほうれん草:0.6mg
スピルリナ:21.2mg
ほうれん草:2mg
スピルリナ:35.6mg

データ引用:SENOBIRU(セノビル)「こどもバナナ青汁」公式サイト

 

【スピルリナに含まれる健康・栄養成分】

アミノ酸 イソロイシン、ロイシン、リジン、メチオニン、シスチン、フェニールアラニン、チロシン、スレオニン、トリプトファン、バリン、ヒスチジン、アルギニン、アラニン、アスパラギン酸、グルタミン酸、グリシン、プロリン、セリン
ミネラル カルシウム、鉄、マグネシウム、カリウム、ナトリウム、リン、銅、マンガン、亜鉛、コバルト、イオウ、クロム
ビタミン βカロテン(プロビタミンA)、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンE、ビタミンK、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸
その他の健康・栄養成分 食物繊維、多糖体、リノール酸、γリノレン酸、イノシトール、SOD、フィコシアニン、ゼアキサンチン、クロロフィルa、核酸など

データ引用:SENOBIRU(セノビル)「こどもバナナ青汁」公式サイト

 

また、スピルリナが注目されるのにはまだまだ理由があり、その一つに「栄養吸収率」があります。

食べた栄養成分は消化・吸収されて、そこからようやく栄養素として体内で活用されています。

スピルリナの栄養吸収率は驚きの95%です。

 

 

 

「乳酸菌」と「ビフィズス菌」を配合

※画像はイメージです。ヨーグルトは含まれていません。

SENOBIRU(セノビル)の「こどもバナナ青汁」は「乳酸菌」と「ビフィズス菌」をダブルで配合しています。

乳酸菌は善玉菌の一種で、悪玉菌をやっつけて腸内環境を正常にするといった免疫調整作用が。

SENOBIRU(セノビル)の「こどもバナナ青汁」は毎日の健康のために、1杯でヨーグルト15個分(1,500mg)の乳酸菌「150億個」を配合しています。

 

また、ビフィズス菌も善玉菌の一種で、腸内の悪玉菌を減らす働きをします。

しかしビフィズス菌は酸に弱く、食べても腸に届くまでにほとんどが死んでしまうため、生きたまま栄養吸収することはなかなか難しいとされています。

SENOBIRU(セノビル)の「こどもバナナ青汁」はこのビフィズス菌の特性に着目し、耐酸性のビフィズス菌を使用。

より多くのビフィズス菌を生きたまま腸に届くようにしてくれています。

 

ほんのり甘いバナナ味で飲みやすい

SENOBIRU(セノビル)の「こどもバナナ青汁」は牛乳嫌いな子供でも美味しく飲めるほんのり甘いバナナ味。

「普通の青汁だと美味しくなくて子供に飲んでもらえない」というパパママの声をもとに作られました。

牛乳と混ぜるとバナナオレ風味にすることもできておすすめです。

 

自然な甘みは黒糖のおかげ

SENOBIRU(セノビル)「こどもバナナ青汁」

SENOBIRU(セノビル)の「こどもバナナ青汁」には黒糖を使用しています。

サトウキビが原料の黒糖は上白糖よりも雑味がなく、自然な甘さが特徴です。

黒糖は上白糖に比べ以下のような栄養素が豊富。

  • カルシウム:240倍
  • カリウム:550倍
  • 鉄分:5倍
  • ビタミンB1・B2・B6:約2倍

さらにはビタミンやミネラルがたっぷり含まれていて、高い栄養価と飲みやすい味を両立させるために作られたSENOBIRU(セノビル)の「こどもバナナ青汁」には欠かせない素材となっています。

 

 

 

保存料・人工甘味料不使用

SENOBIRU(セノビル)の「こどもバナナ青汁」には黒糖を使用しているということをお話ししましたが、このおかげで保存料や人工甘味料を一切使用せずに作ることに成功しました。

自然な甘さがあるのは黒糖を使用しているからであり、保存料・人工甘味料不使用なので安心して飲み続けることができます。

 

国際認証基準「ISO9001」取得工場で製造されている

SENOBIRU(セノビル)の「こどもバナナ青汁」が製造されている工場は、国際規格でもあるISO9001(品質マネジメント)を取得しています。

信頼できる食品製造工場が取得している国際基準に法って徹底した品質管理のもとで製造されているので、安心して飲むことができます。

 

「元気モニターコースキャンペーン」でお得に試せるのも嬉しい特徴

SENOBIRU(セノビル)の「こどもバナナ青汁」が人気があることを知っているパパママの中には「まずは試してみたい」という気持ちがある方も大勢いるかと思います。

そのようなパパママに向けて、SENOBIRU(セノビル)では「元気モニターコースキャンペーン」が企画されています。

こどもバナナ青汁の「元気モニターコースキャンペーン」は初回価格が980円、2回目の購入は定価の35%OFFの3,700円。

2回目の商品受け取り以降は電話1本で解約することもできます。

 

【元気モニターコースキャンペーンの詳細】

  • 毎月限定100名。100名に達した時点でキャンペーン終了
  • 毎月自動で届けてくれる「定期配送」
  • 2回目以降はずっと35%OFFの3,700円(税抜)。(送料500円)
  • 最低2ヶ月(2回)以上の継続が条件
  • 2回目の商品受け取り以降電話で変更・休止・解約ができる
  • 変更・休止・解約は次回お届け日の10日前までに電話連絡する必要がある
  • 連絡がない場合、定期的に商品が送られてくる

 

さらには60日間返済保証も(初回限定)

また、「元気モニターコースキャンペーン」を申し込んでから2ヶ月間試したにも関わらず満足できなかった場合は、2ヶ月分の商品代金を返金してくれます。

 

【初回限定60日間返済保証の利用条件】

  • キャンペーンの利用は1家庭につき1回限り
  • 初回注文日から60日以内に電話にて連絡をすること
  • 初回、2回目の「お買い上げ明細書」「商品パッケージ」をそれぞれ全2回分返送すると、税込合計商品代金5,054円(初回 税込1,058円、2回目 3,996円)が返金される
  • 返金は初回、2回目のそれぞれ一箱ずつが対象
    60日以内に3箱以上購入したとしても最大2箱分の返金となる
  • 返送時の送料、お客様口座への振込手数料は購入者が負担する
  • 3回目以降の発送済み商品は返品・返金対象外
  • 初回注文日から60日以降になった場合、返金保証は利用できない

 

コップ1杯で1日に必要な栄養素をたっぷり摂ることができるSENOBIRU(セノビル)の「こどもバナナ青汁」の詳細がきになる方は、こちらからご確認ください。

 

 

SENOBIRU(セノビル)のこどもバナナ青汁の口コミ評判は?甘すぎる?まずい?

SENOBIRU(セノビル)のこどもバナナ青汁の口コミと評判をリサーチしてみました。

「実際はどうなの?」

「甘すぎることはない?」

「青汁だからまずいんじゃないの?」

といった疑問があるパパママは参考にしてみてくださいね。

 

「青汁はまずい」はもはや迷信ですね 35歳・男性

娘が大の野菜嫌いで、嫁が作る食事からことごとく野菜をよけてしまうことで夫婦ともに悩んでいました。

娘と同じ幼稚園に通っている子がセノビルを飲んでいておすすめされたと嫁から聞き、ネットで注文してみました。

野菜嫌いな娘でもごくごく飲んでいますね。

私たち夫婦も飲んでいますが、青汁はまずいという考えがなくなりました。

こんな風に美味しい青汁もあるんですね。

定期購入でしばらく続けてみようと思います。

大人には甘ずぎるかも? 33歳・女性

健康に気を使っていたため青汁を探していたところ、セノビルを見つけました。

子供向けに作っているため大人からしてみると甘すぎるかもしれません。

牛乳と割って飲んでいますが、甘すぎると感じました。

甘いものが好きな方であれば美味しく飲めると思います。

子供は好きな味と甘さだと思いますね。

バナナジュースみたいです 28歳・女性

青汁と思っていたのですが、味的にはバナナジュースのような感じですね。

こどもも美味しそうに飲んでいますが、私も好きです。

牛乳でも十分美味しいですが、豆乳と混ぜて飲んでも美味しいです。

家族で飲んでます(特に夫がハマってます) 29歳・女性

便秘解消と健康維持のために青汁がいいと聞き、ネットでセノビルを知って試しに飲んでみたところ、私も夫も息子(4歳)も大好きな味でした。

息子は毎朝牛乳と割って飲んでいます。

(夕飯の時も飲みたがるほど大好き笑)

なぜか夫も息子と同じくらいハマっています。笑

青汁だと思って飲むと結構甘いですが、ジュースだと思って飲むと良いですね。

大人には甘すぎますね。。。 39歳・女性

小学4年の娘のためにバナナ青汁を購入してみました。

娘は美味しいといって毎日飲んでいますが、私と夫には甘すぎました。。。

初回は980円だったので良いんですが、2回目からは高くなるんですよね。

娘がこのままずっと飲み続けてくれるなら継続しようと思いますが、今は様子見ですね。

個人差がありますね。 38歳・女性

2人の息子がいます。

夫婦共働きなので忙しく、普段は子供たちに栄養が十分に摂れるような食事を食べてもらうことができていないと感じ、セノビルを購入してみました。

子供向けに甘くしてある青汁ということで2人とも飲んでくれるかな?と期待していましたが、上の子は全然飲んでくれず。

下の子だけ気に入って飲んでくれています。

兄弟でも好き嫌いはあるようですね。

青汁ではなくバナナから入りました 34歳・女性

息子の健康のために毎朝バナナを食べさせたかったんですが、皮をむくのが嫌なようで全然食べてくれませんでした。

ネットで見つけたこどもバナナ青汁を飲ませると美味しいようで、毎日飲んでくれています。

買って良かった。

小6と中1の息子に飲ませています 43歳・女性

食べ盛りの2人の息子ですが、毎日スナック菓子だの菓子パンだの栄養価が低いものばかり食べている姿を見て本気で心配になりました。

近所のママ友からセノビルのことを聞いて、飲みやすいよと言われたので試しに980円で購入。

次男が初めは青汁の色味にドン引いていましたが、今はほぼ毎日飲んでくれてます。

長男も飲んでくれていますよ。

ただスナック菓子と一緒に飲むのはやめてほしいです泣

返金保証があるけど全額返金ではないのがちょっと... 32歳・女性

娘が飲めるかどうか不安だったのですが、返金保証があるということで試しに頼んでみました。

ただセノビルの返金保証は全額返金ではないんですね。

返金保証の詳細を読んでみてちょっと引っかかりました。

ですが娘が好きな味だったようで、今は毎日お世話になっています。

結果的に良かったのかな?

果物とか緑黄色野菜がたくさん含まれているということですし、保存料とか人工甘味料が使われていない点が安心です。

我が家の5歳児は大好きです 30歳・女性

5歳児の息子は初めから気に入ってくれたようでごくごく飲んでくれます。

ヨーグルトに入れて食べるのも好きなようです。

あの甘みは黒糖なんですね。

ベタつく甘みではないので大人でも好きな人は好きだと思います。

ざらっとした食感がありますが、ケールや大麦若葉繊維なのでしょうか?

 

 




-子育て
-, ,

Copyright© PaPa-MaMa-baby , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.