産後ダイエット

骨盤の歪みは産後ダイエットの成果や体調にどのような悪影響を及ぼすか?

投稿日:




こんな方におすすめ

  • 産後、骨盤の歪みはどのような体の不調をもたらすのか知りたい!
  • 産後ダイエットにどのような悪影響を及ぼすのか知りたい!

 

産後ダイエットを頑張っているけれど、なかなか成果が出ない。

そんな時にチェックしておきたいのが骨盤の歪みです。

骨盤が歪んでいると痩せにくく、元の体型に戻りづらいのです!

今回は、産後ダイエットと骨盤の歪みについて解説していきたいと思います。

 

産後の骨盤の歪みが後から出てくる!

産後の骨盤の歪みの悪影響は後から出てきます。

症状が出てくれば原因がわかるものですが、タイムラグがあるのでなかなか気が付きにくいんですよね。

育児による腰痛などがそうですね。

育児中はどうしても不自然な姿勢をとってしまうことが多いもの。

例えば利き手を使えるように逆の腕で赤ちゃんを抱っこしながら、体をひねりながら家事をこなしたり、赤ちゃんのお世話をするのに屈んだり、横向き寝をしたりなどなど。

必然的に、体が歪み、全身のバランスが崩れてしまうのです。

気をつけていても防ぎにくいのが骨盤の歪みなのです。

 

産後ママが気になる症状

産後のママが気になっている症状をまとめると、以下のようになります。

 

【産後ママが気になる症状】

  • 腰痛
  • 肩こり
  • 骨盤の歪み(骨盤の高さが違う)
  • 股関節が痛い
  • 坐骨神経痛
  • 疲労感がとれない
  • 生理痛がひどい
  • 生理不順
  • 2人目がなかなかできない(不妊症)
  • 尿もれや頻尿  など

 

このような症状があるママはもしかすると骨盤が歪んでいるかもしれません。

例えば出産時に骨盤底筋肉(骨盤を支える筋肉)が弛緩してしまい、それが戻らずにいると、年齢的な筋機能の低下も加わり、尿漏れなどの症状がでます。

出産後に骨盤が下がり気味になることによって、過活動膀胱になってしまうこともあります。

頻尿やトイレが我慢できないなど、日常生活に支障が出ることが多いので、注意が必要です。

 

産後の歪みチェック

産後、以下のような症状がある方は、早めに正常な状態にしましょう。

  • 頭痛がひどくなった
  • 顔の歪みが気になる
  • 股関節が痛い
  • 産後、尿失禁で困っている
  • 産後、恥骨の痛みが治らない
  • 母乳が出にくい、または出ない
  • 母乳が片方しか出ない
  • ウエストのくびれが左右違う
  • 普段過ごしているうちに、スカートが回ってしまう
  • へそが傾いている、へそが真ん中にない
  • 産後、仰向けに寝れなくて、足が伸ばせない
  • 仰向けに寝たときに、体幹が左右均等につかない (肩胛骨、背中、腰、腰臀部)

1つでも当てはまるママは骨盤が歪んでしまっている可能性が高いです。

 

骨盤の歪みは様々な悪影響が!できるだけ早く体を整えましょう

体調が悪くなってから手を施すよりも、できるだけ早いうちに骨盤の歪みを矯正した方が良いです。

骨盤は出産後1〜2ヵ月はとても不安定なので、その間に強い力などを加えるのは望ましくありません。

マッサージや整体は3ヵ月以上経ってから受けるようにしましょう。

手足を軽く操作し、筋肉に適切な刺激を与え、自然治癒力を高める療法や、体に無理な力を加えたりせず、産後のデリケートな体にも安心して受けれる骨盤矯正をしてくれるところもあります。

 




-産後ダイエット
-

Copyright© PaPa-MaMa-baby , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.