産後ダイエット

産後ダイエットを習慣化するにはどうしたら良い?習慣化につながる6つの考え方と方法をご紹介

投稿日:




こんな方におすすめ

  • 産後ダイエットを習慣化するにはどうしたら良いのか知りたい!
  • 習慣化のメカニズムが知りたい!
  • 産後ダイエットを習慣化する具体的な方法が知りたい!
  • 産後ダイエットのモチベーションを維持する方法も知りたい!

 

産後は体重を元に戻したくても、なかなか思うようにいかないと思います。

産後ダイエットには、習慣化させることが大切といいますが、日々の忙しい育児の中で習慣化させるのは至難の業…

そこで!

 

今回は産後ダイエットはどのように習慣化させれば良いのか?

というところに焦点を当てて解説していきたいと思います。

「なかなか産後ダイエットが習慣化出来ない…」というママ必見です!

 

産後ダイエットで結果が出る人は習慣化できている

産後は慣れない育児などで、自分のことは後回しになってしまうと思います。

それでも出来ることなら綺麗なママでありたいですよね?

産後でも綺麗なママはたくさんいますが、そんなママは産後ダイエットが習慣化されていることがほとんどです。

では習慣化とはどのような状態を指し、どのような行動をすれば習慣化が出来るのでしょうか?

次の項目から確認していきましょう。

 

習慣化された行動をする時、思考は働いていない(体が勝手に動いている)

習慣化されている行動とは、考えるより前に体が勝手に動いている状態のことをいいます。

日常生活に置き換えるとわかりやすいですが、例えば歯磨きをする時は「歯磨きしようかな?どうしようかな?」と考えるよりも前に体が動いていると思います。

つまり習慣化とはこの状態のことであり、習慣化された行動は人それぞれタイミングは違えど、タイミングが来たら意図せずとも勝手に体がしてしまうものなのです。

 

産後ダイエットで結果が出る人の多くは習慣化できている

前述にもありますが、産後ダイエットを成功させているママの多くは習慣化が出来ています。

とはいっても、ただでさえ日々の育児で忙しいわけですから「習慣化させるのは無理!」と思ってしまう方も多いのではないかと思います。

しかし安心してください。

 

まずは出来ることから始めていくことが大切です。

逆に「ハードな運動計画」や「無理な食事制限」は、忙しい育児に追われながらでは絶対に習慣化させることが出来ません。

最初は出来ないことも多いと思いますが、小さなことでも繰り返していくうちに習慣化され、出来ることも増えていきますよ!

 

「食事」も「運動」も。産後ダイエット成功に向けて、ちゃんと習慣化するための考え方と方法6つ

習慣化と聞くと「ただでさえ忙しい育児の中でハードルが高い!」と思ってしまう方も多いと思います。

しかし、習慣化は正しい行動とコツさえ抑えれば何も難しいことはありません。

産後ダイエット成功に向けて下記項目を意識し、習慣化させちゃいましょう!

 

【習慣化するための考え方と方法①】習慣化する行動の時間を決めてみよう

まずは習慣化させる行動の時間を明確に決めましょう。

「ここからここまでの時間はエクササイズをする」といった具合に「いつ」「どのくらいの時間」「どこでやるか」具体的な習慣行動をあらかじめ決め、スケジュールを抑えておくと良いでしょう。

スケジュールさえ抑えておけば後は実行するだけの状態にすることができ、習慣化させやすくなります。

 

【習慣化するための考え方と方法②】習慣化したい行動を具体的に、そして簡単にしてみよう

行動が具体的で、簡単なものであればあるほど習慣化はしやすくなります。

行動を起こす前に「何をするか」「どのようにしてやるか」など思考が入ってしまうと、途端に億劫になり、行動が難しくなります。

その為、習慣化させたい行動は具体的かつ簡単にし、時間が来たらやるだけの状態を作ることが大切です。

 

例えばエクササイズをするとしたら

  • どの服装にするのか
  • どの動きをするのか
  • 何分間やるのか

など具体的に決めれば決めるほど、行動が簡単になり、習慣化へ近づくでしょう。

 

【習慣化するための考え方と方法③】大きな変化は望まない!小さな変化から始めよう

習慣化においていきなり大きな変化を望むことは禁物です。

まずは小さなステップから始めるようにしましょう。

エクササイズであれば、最初の1分間だけやこの動作だけなど、このレベルの小さなステップです。

 

最初は「え?これだけ?」と思うかもしれません。

しかし、ここで無理矢理長くやろうとしなくて良いのです。

重要なのは「もっとやりたい!」という気持ちを引き出すことです。

 

最初の小さなステップを繰り返すことで、習慣化したい行動がやらなければいけないものからやりたいものに変わっていきます。

この状態にすることで習慣化への道がグッと縮まります。

 

【習慣化するための考え方と方法④】欲張らずに、ひとつずつ丁寧に習慣を作ってみよう

習慣化させるときに一度に多くのことを取り組もうとすると、一気にライフスタイルが変化してしまうので、上手くいきません。

一気にライフスタイルが変化するということは、新しいことに多く取り組むということです。

新しいことは感覚をつかむことも難しく、時間配分もなかなか読めません。

 

この状態で続けていると、どの行動も中途半端になり「体が追い付かない!」となってしまうため、まずは一つ一つ丁寧こなしていくことが大切です。

習慣化は欲張り厳禁ですよ!

 

【習慣化するための考え方と方法⑤】習慣化の阻害要因(続かなくなる原因)をできるだけ取り除こう

習慣化の行動の前に迷う要因(阻害要因)があると習慣化は難しくなります。

例えばエクササイズをするのであれば、着替えがない、エクササイズマットがない、エクササイズの動きが決まってない、など些細なことが迷う要因になり、行動を躊躇させます。

習慣化させたい行動の前には、躊躇する原因をあらかじめ消しておくと良いでしょう。

 

些細な準備はおろそかになりがちですが、この準備を怠らないことが習慣化のコツです。

 

【習慣化するための考え方と方法⑥】できなかった時のために、予備の時間も決めておこう

忙しい育児の中では、時間を決めていてもイレギュラーなことが起こり、行動出来ない可能性があります。

習慣化にはそんな事態も踏まえ、予備の時間を確保しておくと良いでしょう。

また、予備の時間の確保を考えると、基本的に習慣化させたい行動は早い時間帯に設定し、1日の中でリカバリーが効くようにしておくと習慣化に効果的です。

 

やろうと思っていても出来なかった日があると「今日はダメだったな…」と考えてしまい、気分が落ち込んでしまいます。

そんな気持ちになってしまうと習慣化への気持ちが薄れてしまいます。

予備の時間はこの事態を避ける予防策なのです。

 

モチベーション維持には「目的(なんのために産後ダイエットするか)」が大事

習慣化にはモチベーション維持も大切です。

モチベーションは明確な目的を持つことで維持させることができます。

産後のママであれば

  • 産後も綺麗でありたい!
  • 子供が友達に自慢できるママでありたい!

と考える方が多いはず。

 

上記のような目的でも十分ですが、もっと自分本位な目的を掲げても良いでしょう。

少なくとも「なんで産後ダイエットしてるの?」と聞かれたときに、濁した答えにならないように注意が必要です。

ここがあいまいだとモチベーション維持が難しくなり、習慣化が難しくなってしまいます。

 

産後ダイエットの知識をつけてみるのもモチベーション維持につながる

自分での習慣化が難しい場合や、モチベーションの低下に不安があるママは女性専用のパーソナルジムのカウンセリングを受けることもおすすめです。

女性専用パーソナルジムでは、女性が通いやすい環境や設備が整っていたり、女性特有の悩みの理解があり相談しやすいなど、様々なメリットがあります。

例えば口コミサイトでエリア口コミNo.1を取っているNEXT GYM TOKYO (ネクストジムトウキョウ)では、産後ダイエットコースというコースを設けており、産後ダイエットにはもってこいの女性専用パーソナルジムとなっています。

 

更に、お子さんと一緒にトレーニングが出来る点も産後のママとしては嬉しいポイントでしょう。

NEXT GYM TOKYO (ネクストジムトウキョウ)では無料カウンセリングを行っているため、不安な方はまず足を運んでみると良いかもしれませんね。

首都圏以外にお住まいの方でしたら、お近くの女性専用パーソナルジムで相談してみるのもおすすめですよ。

 

 

 

まとめ

産後のママはやることが山積みで、なかなか産後ダイエットに取り組めないことも多いでしょう。

しかし、産後ダイエットは習慣化を会得することで、グッと成功に近づけることができます。

習慣化は正しい行動とコツ、モチベーション維持をすることで身につくものです。

 

最初は大変なこともあると思いますが、まずは小さなステップを繰り返して、無理なく続けてくことが習慣化への近道です!

 




-産後ダイエット
-

Copyright© PaPa-MaMa-baby , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.