【ベビーコートの上手な選び方】種類ごとの特徴やコーデに合わせた選び方についても紹介

投稿日:2020-02-26 更新日:




こんな方におすすめ

  • ベビーコートの上手な選び方が知りたい!
  • ベビーコートの種類が知りたい!

 

春秋冬に大活躍するベビーコート。

アイテムによっては重ね着もできますし、1枚でOKのものもあります。

ベビーコートといっても

「ベビーダッフルコート」

「ベビートレンチコート」

「ベビーダウンコート」
(ベビーダウンジャケット)

「ベビーピーコート」

など様々な種類があり、コーディネートや環境に合わせて選ぶべき種類が変わってきます。

 

この記事では、様々な種類があるベビーコートの上手な選び方をご紹介しています。

秋冬に向けてベビーコート選びをされているパパママや少し先を見据えて春先に向けてベビーコートを探されているパパママは是非とも参考にしてみてくださいね。

ベビーダウンコート・ベビーダウンジャケットの違いについてもご紹介していますので、そちらも合わせて参考にしてみてください。

 

人気・おすすめベビーコートはこちらを参考にどうぞ。

 

 

この記事の目次

ベビーコートの上手な選び方

それではまず初めに、ベビーコートの上手な選び方から見てきましょう。

 

ベビーコートは種類豊富!求めるコーデに合わせてお気に入りの1着を

ベビーコートと一言で言ってもその種類は様々。

代表的で人気のベビーコートの種類は主に以下の4種類となっています。

 

代表的なベビーコートの種類

  1. ベビーダッフルコート
  2. ベビートレンチコート
  3. ベビーダウンコート・ベビーダウンジャケット
    ※違いについては後ほど解説します
  4. ベビーピーコート

 

それではこの4種類のベビーコートの上手な選び方を順番に見ていきましょう。

こちらからダイレクトに閲覧することもできます。

ベビーダッフルコートの上手な選び方

ベビートレンチコートの上手な選び方

ベビーダウンコート・ベビーダウンジャケットの上手な選び方
※「ベビーダウンコート・ベビーダウンジャケットの違い」記載あり

ベビーピーコートの上手な選び方

 

ベビーダッフルコートの上手な選び方

Amazon

ダッフルコートはフロント部分のトグルボタンが特徴的なコート。

このダッフルコートの始まりは極寒の中作業しなければいけなかった北欧の漁師の仕事着とされています。

その後第二次世界大戦時のイギリス海軍が防寒着としてダッフルコートを採用し、余ったダッフルコートが戦後の市場で出回ったことで広まりました。

 

ベビーダッフルコートの上手な選び方①:着るシーズン

ベビーダッフルコート秋冬に着るイメージがありますが、地方によっては春シーズンも冷え込むため「春秋冬」に着る想定をしておくと◎

薄手のベビーダッフルコート(トレンチコートのような素材のダッフル)もあるのでチェックして見ましょう。

おしゃれ好きなパパママの中には冬用1枚+春秋用1枚で合計2枚のベビーダッフルコートを用意している場合も多いです。

 

ベビーダッフルコートの上手な選び方②:素材と生地の厚さ

ベビーダッフルコートの素材には以下のようなものがあります。

  • ポリエステル
  • アクリル
  • コットン(綿)
  • ナイロン
  • ポリウレタン
  • レーヨン

仕事着や作業服が期限のベビーダッフルコートの大半は生地が薄く、動きやすくなっています。

コットン(綿)を使用しているものもありますが、耐久性に優れている+保温性がある+風を通しにくいというメリットの多さから化学繊維をメインの素材としている傾向にあります。

中でもポリエステルやアクリルは耐久性と防寒性に優れているので選ばれる際はチェックしてみることをおすすめします。

 

ベビーダッフルコートの上手な選び方③:サイズは少し大きめが便利

ベビーダッフルコートのサイズ選びの際、少し大きめにしておくと便利です。

これは

  • 可愛らしく着れる(コーディネートの観点)
  • サイズアウトを遅らせることができる
  • 重ね着してもきつくない

といった理由からです。

 

ベビーダッフルコートのサイズ目安は以下の表を参考にしてみてください。

ベビーダッフルコートのサイズ目安

  • 50cm:新生児
  • 60cm:3ヶ月
  • 70cm:6ヶ月
  • 80cm:1歳-2歳
  • 90cm:2歳-3歳
  • 100cm:3歳-4歳
  • 110cm:4歳-5歳
  • 120cm:5歳-6歳
  • 130cm:7歳-8歳
  • 140cm:9歳〜

参考:ミキハウス

 

ベビートレンチコートの上手な選び方

britannical

トレンチコートは薄手で丈の長いシルエットが特徴的なコート。

このトレンチコートの始まりは第一次世界大戦時のイギリス軍が極寒の欧州で着るための防水・防寒に優れたウェアの開発をしたことでした。

トレンチコートの機能性が認められ、戦後は一般市民からも愛用される防寒着となりました。

バーバリーとアクアスキュータムの2社が開発したトレンチコートのデザインの名残が今も受け継がれており人気です。

 

ベビートレンチコートの上手な選び方①:着るシーズン

ベビートレンチコートを着るシーズンでおすすめなのは春秋冬。

薄手なので比較的暖かい春でも活躍してくれます。

反対に冬にはトレンチコートの下に重ね着をすることで防寒対策+おしゃれに。

最近ではヒートテックのような機能性アンダーウェアを着て着太りしないでスマートに着こなすファッションを取り入れるパパママも多いです。

 

ベビートレンチコートの上手な選び方②:素材と生地の厚さ

ベビートレンチコートは主に以下のような素材が使われていることが多いです。

  • コットン(綿);特に秋冬におすすめ
  • ポリエステル:特に春におすすめ

ベビートレンチコートは薄手のものが大半で、ポリエステルをメインに使用しているものはコットン(綿)を使用しているものに比べて生地が薄い傾向にあります。

コットン(綿)をメインに使用しているベビートレンチコートは秋冬に、ポリエステルをメインに使用しているベビートレンチコートは春や春先におすすめです。

 

ベビートレンチコートの上手な選び方③:サイズはぴったりか少し大きめがおすすめ

ベビートレンチコートは着太りするとシルエットが崩れて台無しになってしまうことも...

なのでサイズ選びはぴったりか少し大きめにしておくと◎

春シーズンに着る薄手のベビートレンチコートであればぴったりサイズでもOKです。

反対に厚手のベビートレンチコートはかさ張りやすいので大きめサイズを選ぶようにしておくのがおすすめ。

大きめサイズはサイズアウトを遅らせることができるという嬉しいメリットもあります。

 

ベビートレンチコートのサイズ目安は以下の表を参考にしてみてください。

ベビートレンチコートのサイズ目安

  • 50cm:新生児
  • 60cm:3ヶ月
  • 70cm:6ヶ月
  • 80cm:1歳-2歳
  • 90cm:2歳-3歳
  • 100cm:3歳-4歳
  • 110cm:4歳-5歳
  • 120cm:5歳-6歳
  • 130cm:7歳-8歳
  • 140cm:9歳〜

参考:ミキハウス

 

 

ベビーダウンコート・ベビーダウンジャケットの上手な選び方

ミキハウス

 

ベビーダウンコート・ベビーダウンジャケットの違いは丈の長さ

ベビーダウンコート・ベビーダウンジャケットの上手な選び方の前に、この2つのアイテムの違いについて解説していきます。

 

ダウンコートは丈長・ジャケットは丈短

ベビーダウンコート・ベビーダウンジャケットの違いは丈の長さにあります。

なのでベビーダウンコート・ベビーダウンジャケットの機能性は全く同じです。

※アイテムによって機能性やデザインが異なります

 

ベビーダウンコートはこちら。

丈が長く、膝あたりまですっぽりと隠れるものが多いです。

Amazon

 

ベビーダウンジャケットがこちら。

“ジャケット”なのでトップスに合わせた丈感で作られているものが多いです。

Amazon

 

ベビーダウンコート・ベビーダウンジャケットの上手な選び方①:着るシーズンやコート or ジャケットを選ぶ

ベビーダウンコート・ベビーダウンジャケットは秋冬におすすめ。

ダウンを使用しているので分厚く暖かいので春先にはおすすめしません。

もし春シーズンに着るベビーコートをお探しの方はトレンチコートがおすすめです。

 

防寒性を重視するパパママや丈が長いと転んでしまいそうな赤ちゃんの場合はベビーダウンジャケットを、丈が長くても大丈夫な場合はベビーダウンコートでもOKです。

 

ベビーダウンコート・ベビーダウンジャケットの上手な選び方②:素材と生地の厚さ

  • コットン(綿)
  • ダウン・ホワイトダックダウン
  • 毛・フェザー
  • ナイロン
  • ポリエステル
  • アクリル

 

ベビーダウンコート・ベビーダウンジャケットの上手な選び方③:サイズは少し大きめを

ベビーダウンコート・ベビーダウンジャケットのサイズはサイズアウトを遅らせる目的と重ね着を想定して少し大きめにしておくことをおすすめします。

最近はお出かけしてもお店に入ると暖かい場合がほとんどなので、すぐ脱げるくらいのサイズ感(ワンサイズ大きいくらい)がベスト。

薄着でもしっかり機能して重ね着しても着太りしない・動きにくくないサイズ感にしましょう。

 

ベビーダウンコート・ベビーダウンジャケットのサイズ目安は以下の表を参考にしてみてください。

ベビーダウンコート・ベビーダウンジャケットのサイズ目安

  • 50cm:新生児
  • 60cm:3ヶ月
  • 70cm:6ヶ月
  • 80cm:1歳-2歳
  • 90cm:2歳-3歳
  • 100cm:3歳-4歳
  • 110cm:4歳-5歳
  • 120cm:5歳-6歳
  • 130cm:7歳-8歳
  • 140cm:9歳〜

参考:ミキハウス

 

ベビーピーコートの上手な選び方

britannical

ピーコート(ピーコート)はオランダで生まれ、19世紀末からイギリス海軍や漁師が愛用していたコート。

かっちりしたデザインから「パイロットコート」と呼ばれることもあります。

ピーコート(pea coat)のpeaは「錨の爪」を意味し、イギリス海軍が防寒着として着始めたことがきっかけだと言われています。

ピーコート=ウールというイメージがあるほど、多くのピーコートにはウールが使用されています。

最近では価格を下げるためだったり、丈夫にするためや手入れをしやすくために化学繊維(アクリル・ポリエステル・ポリウレタンなど)を使用しているピーコートが増えています。

 

ベビーピーコートの上手な選び方①:着るシーズン

ベビーピーコートは春秋冬に着るのがおすすめ。

春は薄着で、秋冬は重ね着でコーデすれば快適に過ごすことができます。

ウールやコットンなどといった天然素材を使用しているものが多いので、通気性が良く、薄手でも保温性が高いので使い回しがきくのもメリット。

 

ベビーピーコートの上手な選び方②:素材と生地の厚さ

ベビーピーコートに使われることが多い素材の種類には以下のようなものがあります。

  • ウール(メリノウール・ラムズウールなど)
  • コットン(綿)・コットンブレンド(綿混紡)
  • レーヨン
  • アクリル
  • ポリエステル
  • ポリウレタン

ウールやコットンを多く使用しているベビーピーコートは本格的なもので、レーヨン、アクリル、ポリエステル、ポリウレタンのような化学繊維がメインの素材は耐久性に優れており、丈夫で手入れがしやすい傾向にあります。

「ピーコートの本来の味わいを子供に知ってほしい!」というパパママはウールやコットンを多く使用しているベビーピーコートを、「外で遊んだり活発に動くと思うから耐久性があったほうがいい!」というパパママはレーヨン、アクリル、ポリエステル、ポリウレタンのような化学繊維を多く使用しているベビーピーコートがおすすめです。

 

ベビーピーコートの上手な選び方③:秋冬シーズン用は少し大きめが理想!春シーズン用ならぴったりでもOK

ベビーピーコートは生地が厚めで着太りしやすい特徴があります。

なので秋冬シーズン用であれば少し大きめが理想です。(春シーズン用ならぴったりでもOK)

ベビーピーコートのサイズをワンサイズ大きくしておけばサイズアウトの時期を遅らせることができ、なおかつスタイリッシュに着こなすことができます。

 

ベビーピーコートのサイズ目安は以下の表を参考にしてみてください。

ベビーピーコートのサイズ目安

  • 50cm:新生児
  • 60cm:3ヶ月
  • 70cm:6ヶ月
  • 80cm:1歳-2歳
  • 90cm:2歳-3歳
  • 100cm:3歳-4歳
  • 110cm:4歳-5歳
  • 120cm:5歳-6歳
  • 130cm:7歳-8歳
  • 140cm:9歳〜

参考:ミキハウス

 

 

人気・おすすめのベビーコートをご覧になりたいパパママは「【ベビーコートおすすめ70選】トレンチやダッフルなど種類別・人気ブランド別に紹介」を参考にどうぞ

子育て

【ベビーダッフルコートおすすめ19選】チャックルベビーなど人気ブランド別に紹介

こんな方におすすめ おすすめのベビーダッフルコートのブランドが知りたい! 人気・おすすめのベビーダッ ...

 

 

【ベビーコートをお探しなら知っておきたい】
ロンドン発のコートブランド「ブリタニカル(britannical)」

britannical

「ブリタニカル(britannical)」は2014年の設立から急激に世界的認知度が高くなったベビーコート・キッズコートブランド。

これから日本での認知度・人気度もぐんと上がることが予想されています。

 

ブリタニカル(britannical)の製品に使用しているウールは純粋で、イギリス・ロンドンやその他のヨーロッパ地方で数百年に渡り受け継がれてきた伝統的な技術を持っている工場において生産されています。

その熟練した技術からなるテキスタイルは、長い製造工程を経て作られています。

イギリスで何世紀にも渡って継承され続けてきた「熟練した職人の技術」が詰まったベビーコートということですね。

ベビーコートのラインナップは「【ロンドン生まれの子供服「ブリタニカル」】商品・ラインナップ一覧と注文方法の手順」を参考にしてみてください。

子育て

【ロンドン生まれの子供服「ブリタニカル」】商品・ラインナップ一覧と注文方法の手順

こんな方におすすめ ブリタニカル(britannical)の子供服が欲しい! ブリタニカル(brit ...

 

また、ブリタニカル(britannical)を知る上で欠かせないのが、創業者であるRachael Affwoodさんの想いや考えです。

幼少期にサセックス・ウェールズ・スコットランドで過ごしたRachael Affwoodさんは、学生時代はロンドンとオックスフォードで過ごした経験を持っており、ブリタニカル(britannical)のブランドデザインに大きく影響していると言います。

パレス・ピア

【ロンドンの子供服ブリタニカルとは】創業者の想い・英国ベビー服人気ブランドとの違い」ではRachael Affwoodさんの想いや考えを詳しくご紹介しています。

また、ブリタニカル(britannical)よりと同じイギリスで誕生した一流ブランドや人気ベビー服・子供服ブランドについても紹介していますので、合わせてチェックしてみてください。

ブリタニカル(britannical)がどんなブランドなのか、なぜイギリスや世界で人気なのか、そしてなぜ日本でも人気が出始めているのか、などについて詳しく知りたい方、そして「我が子には良い物を!」と本格的なベビー服・キッズ服をお探しのパパママにぴったりのブランドかと思います。

子育て

【ロンドンの子供服ブリタニカルとは】創業者の想い・英国ベビー服人気ブランドとの違い

こんな方におすすめ ブリタニカル(britannical)の子供服が気になる! ブリタニカル(bri ...

 

 

ベビーコート以外のベビー服を揃えたいパパママはこちらもチェック

ベビーコート以外にも揃えたいベビー服はたくさんありますよね?

でもどういうサイズを選んでいいのかわからなかったり、素材も何がいいのかわからなかったり...

ベビー服の選び方は以外に分かりづらい部分もあるので、以下記事を参考にしてベビー服を選んでみていただければと思います。

 

ベビー手袋・ベビーレッグウォーマー/ベビートレンカの選び方や人気・おすすめアイテム

ベビー服の中で小物アイテムに分類されるベビー手袋やベビーレッグウォーマー/ベビートレンカはベビー服の中で最も販売されている種類が多く、パパママの悩みの種でもあります。

 

ベビー手袋をお探しならこちらの記事がおすすめ

ベビー手袋はミトンタイプとフルフィンガータイプの2種類があります。

2-3歳まではミトンタイプがおすすめで、3歳以降はフルフィンガータイプがおすすめなど、選び方にもコツが必要。

その他には紐付きタイプのベビー手袋と紐が付いていないタイプのベビー手袋があったり、ボア付きカフスの有無なども選び方の基準になってきます。

ベビー手袋の詳細は「【赤ちゃん用手袋の上手な選び方とおすすめ22選】人気ブランド別に紹介」を参考にしてみてください。

子育て

【赤ちゃん用手袋の上手な選び方とおすすめ22選】人気ブランド別に紹介

こんな方におすすめ 赤ちゃん用手袋の上手な選び方が知りたい! 赤ちゃん用手袋のおすすめなブランドが知 ...

 

ベビーレッグウォーマー・ベビートレンカをお探しならこちらの記事がおすすめ

ベビーレッグウォーマーもベビートレンカも1年中使えるものですが、中には冬しか使えないようなものも。

選び方のポイントは「使用している素材」にあります。

ベビー手袋のように種類が豊富なので、コーデに合わせて選ぶと良いですよ。

セット売りしているベビーレッグウォーマー・ベビートレンカが多いので、コスパも◎

 

人気・おすすめのベビーレッグウォーマー・ベビートレンカを知りたいパパママは「【ベビートレンカおすすめ18選】ソレイアードやコンビミニなど人気ブランド別に紹介」と「【ベビーレッグウォーマーおすすめ45選】ミキハウスなど人気ブランド別に紹介」を参考にしてみてください。

子育て

【ベビートレンカおすすめ18選】ソレイアードやコンビミニなど人気ブランド別に紹介

こんな方におすすめ 人気のベビートレンカのブランドが知りたい! おすすめのベビートレンカを知りたい! ...

子育て

【ベビーレッグウォーマーおすすめ45選】ミキハウスなど人気ブランド別に紹介

こんな方におすすめ 人気のベビーレッグウォーマーのブランドが知りたい! おすすめのベビーレッグウォー ...

 

ベビーレッグウォーマー・ベビートレンカの選び方から知りたいパパママは「【ベビーレッグウォーマー・ベビートレンカの上手な選び方】コーデに合わせた選び方も」が参考になります。

ベビーレッグウォーマー・ベビートレンカの違いについてもお話ししています。

子育て

【ベビーレッグウォーマー・ベビートレンカの上手な選び方】コーデに合わせた選び方も

  こんな方におすすめ ベビーレッグウォーマー・ベビートレンカの違いについて知りたい! ベ ...

 

ベビーアウター・ベビー上着の選び方や人気・おすすめアイテム

ベビーセーター・カーディガンをお探しならこちらの記事がおすすめ

ベビーセーターもベビーカーディガンも可愛いデザインのものが多いですね。

特にミキハウスのベビーセーターやベビーカーディガンはギフトアイテムとしても人気があります。

ベビーセーターやベビーカーディガンの上手な選び方は「素材」と「サイズ」です。

サイズアウトを気にしすぎて選べる幅を狭くしてしまっては勿体無いので、選び方を今一度チェックしておきましょう。

 

【ベビーセーター・カーディガンの上手な選び方】サイズ・素材・デザインの決め方など」では、ベビーセーターとカーディガンの選び方について詳しく解説しています。

ベビーセーターやカーディガンの選び方をおさらいしたいパパママはこちらを参考にしてみてください。

子育て

【ベビーセーター・カーディガンの上手な選び方】サイズ・素材・デザインの決め方など

こんな方におすすめ 赤ちゃん用のセーター・カーディガンの選び方が知りたい! 赤ちゃん用のセーター・カ ...

 

また、人気・おすすめのベビーセーターやカーディガンをご覧になりたいパパママは「【ベビーセーターおすすめ33選】TovadooやHatleyなど人気ブランド別に紹介」と「【ベビーカーディガンおすすめ36選】ミキハウスやアンナニコラなど人気ブランド別に紹介」を参考にどうぞ。

子育て

【ベビーセーターおすすめ33選】TovadooやHatleyなど人気ブランド別に紹介

こんな方におすすめ 赤ちゃん用セーターの人気ブランドを知りたい! おすすめの赤ちゃん用セーターを知り ...

子育て

【ベビーカーディガンおすすめ36選】ミキハウスやアンナニコラなど人気ブランド別に紹介

こんな方におすすめ 赤ちゃん用カーディガンの人気ブランドを知りたい! おすすめの赤ちゃん用カーディガ ...

 

ベビーパーカーをお探しならこちらの記事がおすすめ

ベビーコートとの組み合わせも◎なベビーパーカー。

少し大きめサイズで着てもおしゃれなので、2-3枚持っていると便利ですよね。

薄手のパーカーは春先に、厚手のパーカーは秋冬におすすめです。

【ベビーパーカーおすすめ41選】ベビーザらスやオーガニカリーなど人気ブランド別に紹介」では人気・おすすめのベビーパーカーをご紹介していますので、合わせて参考にしてみてください。

子育て

【ベビーパーカーおすすめ41選】ベビーザらスやオーガニカリーなど人気ブランド別に紹介

こんな方におすすめ 赤ちゃん用のパーカーでおすすめ・人気のブランドを知りたい! 赤ちゃん用のパーカー ...

 

ベビーパーカーの選び方について詳しく知りたいパパママは「【ベビーパーカーの上手な選び方】サイズ選びや季節ごとの素材選びについても紹介」を参考にどうぞ。

子育て

【ベビーパーカーの上手な選び方】サイズ選びや季節ごとの素材選びについても紹介

こんな方におすすめ 赤ちゃん用のパーカーの選び方を知りたい! 赤ちゃん用のパーカーのサイズの目安を知 ...

 

ベビーベストをお探しならこちらの記事がおすすめ

ベビーベストは外出時用なのか、お家で着させる用なのかによって選ぶ基準を変えると◎です。

お出かけ用のベストはデザインの凝っているもの、お家用であれば機能性重視で選んでいるパパママが多いです。

古着を活用している賢いパパママもいます。

【ベビーベストの上手な選び方】サイズ展開・季節別コーデや活用方法についても紹介」では、防寒着のひとつである「ベビーベスト」の上手な選び方を詳しくご紹介しています。

人気・おすすめのベビーベストブランドとおすすめのアイテムをチェックしたいパパママは「【ベビーベストおすすめ65選】西松屋やミキハウスなど人気ブランド別に紹介」がおすすめです。

「人気のベビーベストにはどんなものがあるんだろう?」とお考えのパパママは参考にしてみてください。

子育て

【ベビーベストの上手な選び方】サイズ展開・季節別コーデや活用方法についても紹介

こんな方におすすめ ベビーベストの上手な選び方を知りたい! ベビーベストの用途別の選び方が知りたい! ...

子育て

【ベビーベストおすすめ65選】西松屋やミキハウスなど人気ブランド別に紹介

こんな方におすすめ ベビーベストでおすすめのブランド・アイテムを知りたい! 状態の良い古着のベビーベ ...

 

ジャンプスーツ(カバーオール)をお探しならこちらの記事がおすすめ

防寒機能抜群なジャンプスーツ(カバーオール)は真冬におすすめな防寒アイテムですよね。

保温性と素材に着目して選ぶと失敗することがないです。

中には脱ぎにくいジャンプスーツ(カバーオール)もあるので、チャックの位置や向きにも注意してみてほしいです。

【ジャンプスーツ(カバーオール)の上手な選び方】保温性・素材・生地の厚さなども解説」ではジャンプスーツやカバーオールの選び方について詳しく解説しています。

「ジャンプスーツ・カバーオールの選び方がいまいちわからない...」というパパママは参考にしてみてください。

子育て

【ジャンプスーツ(カバーオール)の上手な選び方】保温性・素材・生地の厚さなども解説

こんな方におすすめ ジャンプスーツ(カバーオール)の選び方が知りたい! 厚手や薄手など、生地の厚さを ...

 

人気・おすすめのジャンプスーツ(カバーオール)をご覧になりたいパパママは「【ジャンプスーツ(カバーオール)おすすめ50選】Famukaなど人気ブランド別に紹介」を参考にどうぞ。

子育て

【ジャンプスーツ(カバーオール)おすすめ50選】Famukaなど人気ブランド別に紹介

こんな方におすすめ ジャンプスーツ(カバーオール)のおすすめブランドが知りたい! ジャンプスーツ(カ ...

 

ベビーシューズ・ベビー/キッズスノーブーツの選び方や人気・おすすめアイテム

ベビー・キッズスノーブーツをお探しならこちらの記事がおすすめ

足からの冷えを防止できる便利なベビー・キッズスノーブーツですが、安いものだと保温性が×な場合も。

デザインに惑わされて購入しないようにしましょう。

また、ソールの構造が滑りにくくなっているベビー・キッズスノーブーツにするのが基本です。

ベビー・キッズスノーブーツの選び方を詳しく知りたいパパママは「【ベビー・キッズスノーブーツの上手な選び方】サイズ選びや機能性・人気デザインも紹介」を参考にしてみてください。

子育て

【ベビー・キッズスノーブーツの上手な選び方】サイズ選びや機能性・人気デザインも紹介

こんな方におすすめ 赤ちゃん用スノーブーツの上手な選び方が知りたい! 赤ちゃん用スノーブーツのサイズ ...

 

【ベビー・キッズスノーブーツおすすめ34選】ノースフェイスなど人気ブランド別に紹介」ではパパママから人気のおすすめなベビー・キッズスノーブーツをご紹介していますので、合わせて参考にどうぞ。

子育て

【ベビー・キッズスノーブーツおすすめ34選】ノースフェイスなど人気ブランド別に紹介

こんな方におすすめ 人気の赤ちゃん用スノーブーツブランドが知りたい! おすすめの赤ちゃん用スノーブー ...

 

ベビーシューズをお探しならこちらの記事がおすすめ

ベビーシューズと一言で言っても種類は様々。

プレシューズ →ファーストシューズ→セカンドシューズの順番で履くのがセオリーです。

 

プレシューズ

プレシューズはファーストシューズの前に練習で履く目的で作られたベビーシューズです。

主に室内で履くように設計されており、ハイハイ期の赤ちゃんにおすすめですよ。

ベビーシューズ・プレシューズの詳細は「【プレシューズの正しい選び方と男女別おすすめ5選】ベビーシューズとの違いも解説」を参考にしてみてください。

子育て

【プレシューズの正しい選び方と男女別おすすめ5選】ベビーシューズとの違いも解説

こんな方におすすめ プレシューズの正しい選び方が知りたい! ベビーシューズ ・プレシューズ・ファース ...

 

ファーストシューズ

ファーストシューズは歩き始めの赤ちゃんが履くためのベビーシューズです。

大人が履くような本格的なシューズのデビューシリーズですね。

外も歩けるように設計されているものが大半で、選び方にコツがあります。

ベビーシューズ・ファーストシューズの詳細は「【ファーストシューズの正しい選び方と男女別おすすめ5選】ベビーシューズとの違いも解説」を参考にしてみてください。

子育て

【ファーストシューズの正しい選び方と男女別おすすめ5選】ベビーシューズとの違いも解説

こんな方におすすめ ファーストシューズの正しい選び方が知りたい! ベビーシューズ ・プレシューズ・フ ...

 

イタリアのファーストシューズブランド「モネリーナ」は本革を使用しており、赤ちゃんの足に馴染むように設計されています。

ギフトで送られることが多いファーストシューズなのですが、赤ちゃんの足に優しいという声が多いためご自宅用に購入するパパママもいます。

足の成長は脳の成長とも関わりが深いので、赤ちゃんの足を知り尽くしたブランドのファーストシューズが良いですよね。

モネリーナの詳細は「【イタリア発のモネリーナ】ファーストシューズが1足2万円もするのになぜここまで人気?」を参考にしてみてください。

子育て

【イタリア発のモネリーナ】ファーストシューズが1足2万円もするのになぜここまで人気?

こんな方におすすめ ファーストシューズの人気ブランド「モネリーナ(monellina)」について詳し ...

 

セカンドシューズ

セカンドシューズはアクティブに走ったり跳んだりする頃の赤ちゃんが履くベビーシューズです。

ファーストシューズよりも耐久性に優れているものが多いです。

履き心地と耐久性を見ながら選んでみましょう。

ベビーシューズ・セカンドシューズの詳細は「【セカンドシューズの正しい選び方と男女別おすすめ5選】ベビーシューズとの違いも解説」を参考にしてみてください。

子育て

【セカンドシューズの正しい選び方と男女別おすすめ5選】ベビーシューズとの違いも解説

こんな方におすすめ セカンドシューズの正しい選び方が知りたい! ベビーシューズ ・プレシューズ・ファ ...

 

ベビー服全種類一覧

ベビーベスト以外のベビー服の選び方や人気のアイテムを知りたいパパママは「【ベビーウェアの全てがわかる】帽子からベビーソックスまで!ベビー服を種類別に紹介」を参考にしてみてください。

子育て

【ベビーウェアの全てがわかる】帽子からベビーソックスまで!ベビー服を種類別に紹介

こんな方におすすめ ベビーウェア・ベビー服にはどんな種類があるか知りたい! ベビーウェアの違いを知り ...

 




-子育て
-

Copyright© PaPa-MaMa-baby , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.